格安SIMと格安スマホの違い メリット、デメリットについて

スポンサーリンク

最近、「格安SIM」「格安スマホ」などよく耳にするようになりました。

「MVNO」とも呼ばれています。

スポンサーリンク

格安SIMとは

格安SIMは、MVNOから通信に必要なSIMカードのみを購入する人が利用

大手キャリア(MNO)からの乗り換えを考えている場合や今のスマホをそのまま使いたい人はこちらを利用することが多いです。

MVNOは携帯会社(MNO)から通信網を借りているので、MVNOで利用するスマホは元となるキャリアに対応している必要があります。

たとえば、楽天モバイルはDoCoMoの通信網を利用しているため、楽天モバイルのSIMカードで動作するスマホは「DoCoMo」か「SIMフリー」のスマホである必要があります。

だからと言ってすべてのスマホが動作確認が保証されているわけでもないので注意してください。

各MVNOのホームページで動作確認がされている端末情報が載っているので、今持っているスマホで利用したいという人は動作確認済端末か調べてから購入しましょう。

そして私も一度失敗していますが、現在持っているスマホと同じサイズのSIMカードを購入しないといけません。

標準SIM、マイクロSIM、ナノSIMの3種類があります。

SIMカードは、標準SIM、マイクロSIM、ナノSIMの3種類です(上記参照)

格安スマホとは

格安スマホは、通信に必要なSIMカードとスマホを同時に購入する人が利用

格安スマホのメリットとしては初期設定の煩わしさが少ないことです。

スマホ本体自体も3万円ほどで手に入りますし、店舗を構えているMVNOもあるので初期設定をしてもらえる場合もあります。

私の場合、SIMカードの購入で失敗し、現在では格安スマホを購入して利用しているのですが地元にMVNOの店舗がなかったため、ネット契約でした。

格安スマホは、通信に必要なSIMカードとスマホを同時に購入する人が利用(上記参照)

MVNOとは

Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略で、

会社やブランドでいう「楽天モバイル」「mineo(マイネオ)」などがそれにあたります。

そして携帯会社から通信網を借りることで、格安でユーザーに無線通信を提供してます。

ここでいう携帯会社とはMNOと呼ばれ、Mobile Network Operator(移動体通信事業者)の略で、

馴染みのある「NTTドコモ」「au」「ソフトバンク」などのことを指し、キャリアとも呼ばれています。

MVNOとMNOの違いはVirtual(仮想)がつくか否か、だけです。

 

MVNOのメリット・デメリット

メリット

・携帯会社(MNO)と比べてとにかく安い

・通信容量のバリエーションが豊富で、様々なプランがある

・インターネット上で契約が出来て手軽

・契約期間の縛りが少なく、解約時に大幅な違約金を請求されることが少ない

・携帯会社(MNO)の番号がそのまま使える

 

デメリット

・キャリアメールなど、携帯会社で使用していた機能で使用できないものもある

・設定は自分で行う必要があるなど、全てのサポートを手厚くうけることができるわけではない

・基本的に通話料が高い(※安いプランを提供しているMVNOもある)

・クレジット決済のみ対応のMVNOが多い

・LINEのID検索ができない

 

クレジットカードを持っていない人は選択肢が限られたり、長電話をよくする人はかえって割高になってしまう可能性もあります。

 

最後に

デメリットも多数ありますが、ほとんどのユーザーが携帯会社(MNO)を使うよりも安くできます。

浮いたお金で他のことに使ったり貯金していきましょう。

スポンサーリンク