【OCNモバイルONE】050plusのメリット(5つ)、デメリット(2つ)

ntt-communications-ocn-mobile-one格安SIM

スポンサーリンク

NTTコミュニケーションズから「050plus」という、IP電話アプリがあります。

OCN モバイル ONEの音声対応SIMで契約すれば、月額料(324円)も無料になるため、

アプリをインストールするだけで利用できます。

 

スポンサーリンク

050plusの5つのメリット

あなた専用の「050」の番号がもらえる

090または080の番号とは別にあなた専用の「050」番号がもらえるため、

「営業の電話がしつこそう」「あまり信用できない番号」などにかけるときにも、

050の番号で通話することで、流出などを気にせず気軽に通話することができます。

スマホ1台で2つの番号をもらえることになるので、仕事とプライベートで電話番号を別にしたい人にもオススメです。

 

050同士なら24時間通話料無料

「050plus」同士の通話、無料通話先プロバイダの050IP電話サービス通話が

24時間通話料無料になります。

飲食店や美容・サロンの予約など、050の電話番号も増えてきましたが、これらを無料で通話できるようになります。

例えば、お店の予約に3分かかったとして

OCN モバイル ONEの標準電話アプリで3分通話すると、129.6円(税込)

「OCNでんわアプリ」で3分通話すると、64.8円(税込)

「050plus」なら3分通話しても、8.4円(税込)と、圧倒的な安さです。

 

OCNモバイルONE(音声対応SIM)なら無料で使える

OCN モバイル ONEの音声対応SIMなら、月額基本料324円(税込)がかからず、

無料で「050plus」を利用できます。

OCNモバイルONE(データ通信専用SIM)でも通話できる

OCN モバイル ONEのデータ通信専用SIMは、基本通話は対応していませんが、

「050plus」を利用することで通話可能になります。

さらに、「OCN モバイル ONE」と「050plus」を一緒に契約することで、

月額基本料(月額300円)が半額になります。

 

データ通信量は、通信容量とは別に使える

「050plus」では、音声通話、メッセージ機能で発生したパケット量は、

通信容量から除外(カウントフリー機能)されます。

ですので、通信容量の残量を気にせずに通話することができます。

 

海外からでも発信、着信できる

「050plus」では国際通話をかけることもできます。

初期設定では「国際電話利用休止」設定になっていて海外からの着信はできますが、発信できません。

発信する場合は、事前に「国際電話を利用する」設定にする必要があります。

手続き反映には2~4営業日かかってしまうため、海外へ行かれる方は早めの設定するよう注意してください。

参考:

OCNの国際通話料一覧

国際電話番号利用設定変更の申し込みをする

■050plusから国際電話のかけ方

一般電話番号からとかけ方は同じで、相手先国番号の前に「010」をつけてください。

例:「010」+「相手先の国番号」+「相手先の電話番号」

 

050plusのデメリット

緊急通報(110など)、3桁番号サービス(115など)への通話ができない

「050plus」のデメリットとして、110、119、104、115などへの通話ができません。

参考:「OCN対象外番号一覧

 

ですが、通常のOCN電話アプリなどからなら問題なく通話できます。

また、緊急通報に電話する際には、通話料は発生しません。

 

ですので、普段は「050plus」、緊急時は通常の「OCN電話アプリ」というように使い分けが必要になります。

緊急通報にする機会は少ないでしょうし、気にするほどのデメリットではないと思います。

 

回線状況は、やや気になる

「050plus」はインターネット回線を利用して通話しています。

そのため人が多い場所で通話する場合、軽いノイズが混ざってしまうこともあります。

 

スポンサーリンク