【投資用パソコン】仮想通貨(ビットコイン)、株、FX用にオススメのパソコンとスペック

ハードウェア・周辺機器

スポンサーリンク

昨今デスクトップパソコン、ノートパソコン、スマホと、どの媒体であってもトレード自体はすることができます。

ですが、「スマホでしかトレードしない」という人は、是非ともパソコンの購入を検討していただきたいです。

今回はトレード用パソコンの選び方とメリット、デメリットをお伝えさせていただきます。

 

結論からいうと、デスクトップパソコン(BTO)でデュアルディスプレイがオススメです。

それぞれメリット、デメリットはあるので一つずつみていきます。

スポンサーリンク

自作、BTO、メーカーパソコンの違い

メーカーパソコン

個人的にメリットよりデメリットが目立つのであまりオススメはしませんが、CMなどを見て一目惚れした、何も考えず「パソコン」だけほしいという人は検討してもいいかもしれません。

「大手、有名だからサポートが万全」というわけではないので注意してください。

メーカーパソコンのメリット

・実際に現物を見て購入できる
・有名だから安心感がある

メーカーパソコンのデメリット

・不要なソフト(アプリ)が多いため動作が遅くなる
・BTOパソコンと比べたら、価格も高くなる
・メーカー独自のパーツを使用していることも多いため、拡張性が低い
・店舗で購入したら持って帰るのが面倒

 

BTOパソコン

基本的に自分でパーツを選んで、注文を受けてから組み立てるため、到着まで数日がかかってしまいますが、それだけの価値はあります。

カスタマイズ性は低くなりますがドスパラ、マウスコンピューターなどの大手だと店舗も構えてるので実際に見て購入することもできます。

BTOパソコンのメリット

・安くて高スペックを自分で選べる
・拡張性が高い
・実際に現物をみて購入できる(店舗による)

BTOパソコンのデメリット

・すべてのパーツを選べるわけではない
・付属ソフトはほとんどない
・注文から出荷まで時間がかかる場合がある

 

自作パソコン

用途にあったものを自由に作れますが、お金、時間、知識が必要になってきます(非推奨)。

自作パソコンのメリット

・パソコンに詳しくなる
・拡張性がかなり高い

自作パソコンのデメリット

・すべて自己責任
・お金がかかる
・知識と(組み立て)時間が必要になる
・保証がない(パーツ毎の保証のみ)

 

デスクトップパソコン、ノートパソコンの特徴

拡張性が高く、同じ性能だとデスクトップよりノートの方が高くなるのでトレードするのであればデスクトップ+デュアルディスプレイ推奨です。

パソコンの置き場所がない、ネットサーフィンしかしない、という人はノートも選択肢に入るかもしれません。

(それだけならスマホでじゅうぶんな気がしますが)

 

デスクトップパソコン

デスクトップパソコンのメリット

・拡張性が高い

 

デスクトップパソコンのデメリット

・持ち運びできない
・付属品(コードやキーボード)が多いため、場所をとる

ノートパソコン

ノートパソコンのメリット

・ケーブルなどが最小限で済む
・持ち運びしやすい

ノートパソコンのデメリット

・同じ性能だと、デスクトップよりも高くなる
・本体が熱をもちやすい
・拡張性が低い

 

デュアルディスプレイのメリット、デメリット

デュアルディスプレイといえば、マンガの世界でトレーダーたちがいっぱいモニター並べて取引してるイメージですが、普段パソコンを使う人たちにも是非ともオススメしたいです。

一度、二画面にしたら一画面に戻れないぐらいの中毒性はあります。

今のパソコンをデュアルディスプレイにする場合、モニター2枚とケーブルがあればokです。

今のパソコンをデュアルディスプレイにする!ケーブルの種類と選び方
デュアルディスプレイにすると、時間の節約にもなり、快適度が増します。 デュアルディスプレイはマルチディスプレイとも呼ばれます。 あなたが今使っているパソコンをケーブルを使って、1画面から2画面にすることができます。 1画面...

 

デュアルディスプレイのメリット

複数タブを開いておけるのでクリック回数が減り、同時並行で作業を進めやすいので効率upです。

チャートを見ながら調べもの、アニメを見ながらトレードなんてことも可能になります。

・作業効率が上がる

・画面が広いためストレス軽減

 

デュアルディスプレイのデメリット

二画面以上になるので当然置く場所が必要になり、モニターを購入するお金も必要になってきます。

古いパソコンのモニターを使ってもいいですが、解像度や端子が違う場合がありストレスになるので、できれば同じものをそろえたいですね。

・場所をとる
・お金がかかる
・パソコンによっては動作が重くなる

 

必要なパソコンのスペック

頭脳=CPU 回転の速い頭脳であれば、速く作業ができる 机の上=メモリ 机の上が広ければたくさんの作業が同時にできる 引き出し=HDD 引き出しが多ければ、たくさんの物が保存できる

OS(オペレーティングシステム)

仮想通貨取引所や証券会社が提供しているアプリの大半がWindows OS上で動作します。

MacやLinuxでWindowsを利用することもできますが、同じパソコンに2つのOSをインストールする必要があったり、専用知識が必要になってきます。

なので、最初からWindowsパソコンを用意したほうが早いです。

特にこだわりがなければWindows7以上を選びましょう。

CPU

パソコンの頭脳とも例えられ、高性能なCPUほどそれだけ動作が速くなります。

トレードやネットサーフィンをするだけなら「Intel Core i3」でもじゅうぶんです。

画像編集、加工をするなら「Core i5」を、動画編集やパソコンゲームをよくするなら「Core i7」を選びましょう。

以下の画像でポケモンのワンリキーでわかりやすいく例えられています。

Celeron Pentium i3 i5 i7 AMD

メモリ

パソコン上の机の上とも例えられ、メモリが大きければ大きいほど複数の作業が同時にできるようになります。

トレードやネットサーフィンをするだけなら4GBでじゅうぶんですが、複数作業する予定なら8GB以上がオススメです。

動画編集やパソコンゲームをよくするなら16GBを選びましょう。

HDD、SSD

パソコンの中の引き出しと例えられ、大きければ大きいほどたくさんのモノが保存できます。

トレードとは直接関係ないため、他の使用用途によって容量を選びましょう。

多くの写真や動画を保存するならHDD500GB以上を、ノートパソコンを選択する場合はSSD128GB以上がオススメです。

(SSDはHDDと比べて高速、無音でノートパソコンによく使われますが、HDDよりも高額です。)

今使っているパソコンを2画面にする

パソコンを買い換えなくともディスプレイアダプタを使うことで、今のパソコンをデュアルディスプレイにすることもできます。

これを使えば、ノートパソコンでもUSB接続することでデュアルディスプレイを実現できます。

ですが、デメリットとしてUSBからの出力になるため、CPUに負荷がかかったり、描画が遅くなります。

Youtubeなどの動画を見るには不向きです。

デスクトップパソコンを使っている場合、モニター2枚とケーブルを使うことでデュアルディスプレイにすることもできます。

今のパソコンをデュアルディスプレイにする!ケーブルの種類と選び方
デュアルディスプレイにすると、時間の節約にもなり、快適度が増します。 デュアルディスプレイはマルチディスプレイとも呼ばれます。 あなたが今使っているパソコンをケーブルを使って、1画面から2画面にすることができます。 1画面...

 

おすすめのパソコントップ3

マウスコンピューター

マウスコンピューターは、高性能なパソコンでも10万円未満で購入できることが魅力です。

パソコンの各パーツや、保証などを追加したい場合、自分好みにカスタマイズすることもできます。

 

カスタマイズをしなくても売っているままの状態で購入することもできるため、パソコン初心者でも悩むことはないと思います。

 

マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター公式サイト

ドスパラ

ドスパラはゲーム用パソコンやクリエイター用パソコンなど、用途に合ったパソコン選びをすることが可能です。

もちろん、投資用にデュアルディスプレイに対応したパソコンも探すことができます。

 

パソコンを選ぶときのポイントも解説されているため、パソコン初心者でも知識をつけながら目的のパソコンを選ぶことができると思います。


ドスパラ公式サイト

パソコン工房

パソコン工房は、旧世代のパーツを搭載してBTOパソコンを長く販売している傾向があるため、価格も他のBTO会社と比較して安くなっていたりします。

そのため、グラフィックボードは最新にして、HDDやSSDは旧世代のパーツを使って安く仕上げる、なんてことも可能です。

 

パソコン工房は全国60店舗以上、実店舗を持っているため、店舗でサポートを受けたい人はパソコン工房での購入を視野に入れてみてください。

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

パソコン工房公式サイト

 

最後に

特別なパソコンは必要ありません。

ですが、投資をする用途なら最低限、下記以上のスペックを持つパソコンをオススメします。

デスクトップ(BTO)パソコン
ディスプレイ2枚(デュアルディスプレイ)
Windows 7
CPU:Intel Core i3
メモリ:8GB
HDD:500GB

理想のスペックではなかった場合、BTOパソコンなら構成内容を変更してから購入できます。

買い替え予定だったり、Windowsパソコンが必要な人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク