【初心者用】パソコンのメーカー一覧と選び方、特徴とおすすめ

ハードウェア・周辺機器

スポンサーリンク

メーカーパソコン、BTOパソコン、中古パソコンを販売しているメーカーの特徴を紹介させていただきます。

自分の予算に合わせてメーカー、パーツ選びをしていきましょう。

 

箇条書きで説明していきますが、長いです(順不同)。

スポンサーリンク

オススメの選び方

パソコン初心者でBTOパソコンの知識もほとんどない

・パソコン工房
・マウスコンピューター
・他

中級者(上級者)でパソコンの知識もある

・サイコム
・パソコンショップSEVEN
・PCワンズ
・TAKE ONE(テイクワン)
・VSPEC
・他

ゲーム、動画編集もしたい

・マウスコンピューター
・FRONTIER
・VSPEC(A-Charge)
・パソコンショップark(アーク)
・他

made in japan(日本製)にこだわりたい

・パナソニック
・富士通

BTOパソコン販売メーカー一覧

パソコン工房

マウスコンピューターと同じMCJグループ。

そのためTWOTOP、Faith、GoodwillとBTOパソコンのラインナップ、販売内容は同じ。

初心者や実用重視の人にオススメ

価格も安く、コスパもよい。BTOのカスタマイズ性は低め。

実店舗も多数あるため、サポート面も安心。

パソコン工房

マウスコンピューター

ゲーミングパソコン用に独自ブランドG-Tuneや、iiyamaブランドの液晶モニターの取扱もあり。

初心者や実用重視の人にオススメ

価格も安く、コスパもよい。BTOのカスタマイズ性は低め。

2018年1月現在、店舗も全国8店舗ある。

送料が比較的高額。

マウスコンピューター

ドスパラ

デスクトップパソコンを選ぶなら、ドスパラも選択肢のひとつ。

価格はBTOとしてはやや高め、ネットでの悪評もちらほら見かけるが知名度が高いため仕方ないのかもしれない。

実店舗も多数あり。

ドスパラ

DELL

BTOパソコンといえば、Dellから普及したイメージ。

現在は安いパソコンを取り扱うより、企業向けのパソコンやサーバーに力を入れているようです。

カスタマイズ性は低く、個人でパソコンを購入するならDellを選択肢に入れる理由は少ない

DELL

日本HP(ヒューレット・パッカード)

本社はアメリカのカリフォルニア州、知名度、販売台数ともにトップクラス。

カスタマイズ性は低く、BTOでわざわざ日本HPを選択肢に入れる理由は少ない

日本HP

TSUKUMO eX.COMPUTER

ヤマダ電機に買収され、普通のショップになっていった印象。

他の大手BTOメーカーと比べるとカスタマイズ性は低めで価格もやや高め

知名度が高いが、悪評はあまり聞かない。

TSUKUMO eX.COMPUTER

FRONTIER

ヤマダ電機グループのインバースネット株式会社が運営。

知名度も低く、カスタマイズ性も低め

低価格のゲーミングPCを探しているなら選択肢に入る。

FRONTIER

サイコム

自作をしないパソコン上級者ユーザー向け。

本体価格、カスタマイズ費用は比較的高め

OSなしなど、動かない構成でも購入できてしまうため注意。

パーツにこだわりたく、知識もあるなら選択肢に入る。

サイコム

パソコンショップSEVEN

自作をしないパソコン上級者ユーザー向け。

フルカスタマイズ形式を採用(マザーボードやケースなど、すべて選択できる)。

低価格から高価格まで幅広いラインナップ

型番など事前に分かった上で購入でき、注文画面の選択パーツも写真つきでわかりやすい。

ネットでの評判もよい。

パソコンショップSEVEN

PCワンズ(フルカスタマイズPC)

自作をしないパソコン上級者ユーザー向け

フルカスタマイズ形式を採用(マザーボードやケースなど、すべて選択できる)。

販売されているパーツを選んで組み合わせる注文形式。

セットアップ料金を支払うと組み立てまでしてもらえる。

ネットでの評判もよいが、納期まで少し時間がかかる

PCワンズ

STORM(ストーム)

ノートPCがなく、デスクトップパソコンのみ製造・販売

カスタマイズ性は普通で、価格も普通。

マイナーなため評判自体が少ないが、悪いといった評判も聞かない。

STORM(ストーム)

静音ネットショップ レイン

ショップ名にもあるとおり、静音パソコンをメインに取り扱っている。

カスタマイズ性は高く、価格は普通。

フルカスタマイズからカスタマイズ可能なベースモデルもあるため、初心者でも比較的購入しやすい。

ネットでの評判もよく、サポート対応もよい。

静音ネットショップ レイン

コンビニエンスPCショップ TAKE ONE(テイクワン)

カスタマイズ性は高め。

ネットでの評判は普通、メールの返信が遅い、電話がつながりにくいこともあるようです。

トラブルを自分で解決できるなら選択肢に入る、中級者向け

コンビニエンスPCショップ TAKE ONE(テイクワン)

VSPEC

デイトレ用に「A-Charge」、ゲーミング用に「RISING FORCE」とカテゴリによってホームページが違う。

カスタマイズ性は高いが、値段も高く、上級者向け。

ネットでの評判はあまりよくない

VSPEC

パソコンショップark(アーク)

ゲーミングパソコンを中心に販売

カスタマイズ性は高いが、値段も高い。

ネットでの評判はよい。

パソコンショップark(アーク)

Lenovo

中国製のため、価格は安い

ネットでの評判は普通以下、中国メーカーということもあって悪評もちらほら。

Lenovo

エプソンダイレクトショップ

プリンタで有名なEpson、企業向けに販売している。

BTOパソコンとしてみたら価格は高め、個人で買うなら選択肢に入れる理由は少ない

ネットでの評判はよい。

エプソンダイレクトショップ

中古パソコン販売メーカー一覧

デジタルドラゴン

中古パソコンを扱うメーカー。

中古のため、価格は安いがあたりはずれがある

ネットでの評判は高評価も多いが、はずれを掴んだ人が低評価している印象。

 

(日本国内)パソコン販売メーカー、その他一覧

日本製は基本的に品質がよく、信頼性があり、日本人が使用することを考えられているので初心者に優しい作りとなっています。

安心感をお金で買うということをふまえると一読の価値があると思います。

・ビジネス用ノートPC(日本製)で選ぶ

パナソニック

完全日本製で選ぶ

富士通

職人気質を感じる製品で選ぶ

SONY(VAIO)

コストパフォーマンスで選ぶ

ASUS(エイスース)台湾製

世界最軽量モバイルPCで選ぶ

NEC

映像、音で選ぶ

東芝

 

最後に

冒頭でも書きましたがBTOがはじめて、という人は

パソコン工房
マウスコンピューター

が総合的にみてコスパもよいのでオススメです。

スポンサーリンク