今のパソコンをデュアルディスプレイにする!ケーブルの種類と選び方

選び方ハードウェア・周辺機器

スポンサーリンク

デュアルディスプレイにすると、時間の節約にもなり、快適度が増します。

デュアルディスプレイはマルチディスプレイとも呼ばれます。

あなたが今使っているパソコンをケーブルを使って、1画面から2画面にすることができます。

1画面しか使ったことないよ、という人は是非デュアルディスプレイを体験してほしいです。

デュアルディスプレイに慣れると、1画面では満足できなくなります。

結論、モニター2枚、端子が2つ以上ついていれば、ケーブルを購入し接続するだけでデュアルディスプレイにすることができます。

スポンサーリンク

デュアルディスプレイに必要なもの

・モニター2枚

・端子2つ

あなたのパソコンがデスクトップなら、モニター2枚と端子が2つ以上ついていればほぼ確実にデュアルディスプレイにすることができます。

端子のないノートパソコンの場合、普通はデュアルディスプレイにできませんが、

ディスプレイアダプタ(グラフィックアダプタ)を使うことで、2画面にすることができます。

私もディスプレイアダプタを使って2画面にしていましたが、描画が遅く効率が落ちるため、

ノートパソコンを使っている人以外にはオススメしません。

 

ディスプレイケーブルの種類

パソコン側の端子と、液晶モニター側の端子が同じ場合、対応したケーブルを購入するだけです。

ディスプレイケーブルの種類は沢山あるため、1つずつ解説していきます。

D-sub 15pin(ミニ)ケーブル

D-subは映像がデジタルではなく、アナログのため他のものより画質が悪いです。

最近のディスプレイでは見かけることは少なくなりました。

古いモニターを使う場合は変換ケーブルを使うことになるでしょう。

今からモニターを買う場合、D-subケーブルはオススメしません

アナログRGB端子、VGA端子などメーカーによって名称が違うため、注意が必要です。

DVIケーブル

DVIは「Digital Visual Interface」の略称です。

DVIケーブルにはシングルリンクと、デュアルリンクの2種類があります。

それぞれ対応する解像度が異なります。

メーカー各社は、DVIを廃止する方針になってきています。

最近のディスプレイではあまり見かけません。

D-subと違い、デジタル映像のため画質はキレイです。

端子は、「シングルリンク専用」「シングルリンク、デュアルリンク両対応」の2種類があります。

シングルリンクDVIケーブル

解像度は1920×1200pxまで対応しています。

デュアルリンクDVIケーブルより安価です。

DVIを廃止傾向にあるため、古いモニターに多いですが、画質はキレイです。

そのため、安くデュアルディスプレイにしたい人にオススメです。

 

デュアルリンクDVIケーブル

解像度は2560×1600pxまで対応しています。

2560×1600pxに対応しているモニターは他にも端子を持っている場合が多いため、

デュアルディスプレイにする場合、わざわざデュアルリンクDVIケーブルを選ぶ必要はありません。

対応解像度がシングルリンクより高いため、値段も高価です。

Amazonベーシック ディスプレイケーブル DVI-Dデュアルリンク 2.0m
Amazonベーシック(AmazonBasics)

DVI-DとDVI-Iの違い

DVI-Dはデジタル信号のみ伝送、

DVI-Iはデジタル/アナログの両方の信号を伝送します。

コネクタのピンの数が異なるため、見分けることができます。

 

HDMIケーブル

HDMIは「High-Defintion Multimedia Interface」の略称です。

解像度は2560×1600pxまで対応しています。

DVIより小型で1本のケーブルで映像、音声、著作権保護の制御信号をあわせて送受信できます。

主にテレビなどのデジタル家電で利用されていて、値段も安価のため、オススメです。

4Kにも対応しています。

余談ですが、メーカーがHDMIを利用する場合、使用料金を支払う必要があり、生産コスト、価格に影響するため、対応していないモニターも多くあります。

Amazonベーシック ハイスピード HDMIケーブル – 1.8m (タイプAオス – タイプAオス)
Amazonベーシック(AmazonBasics)

DisplayPortケーブル

最新の映像端子です。

解像度は2560×1600pxまで対応しています。

DVIより小型、HDMIより高速、1本のケーブルで映像、音声、著作権保護の制御信号をあわせて送受信できます。

DisplayPortケーブルのメリットとして、複数のディスプレイを数珠つなぎ(デイジーチェーン)にすることで、

トリプルディスプレイにできますが、HDMIより高価です。

トリプルディスプレイにしない場合、HDMIでじゅうぶんです。

Amazonベーシック DisplayPort to DisplayPortケーブル 1.8m
Amazonベーシック(AmazonBasics)

デュアルディスプレイにする変換コネクタ

パソコン側の端子と、液晶モニター側の端子が違う場合、変換できるケーブルを使って接続することになります。

変換コネクタ、変換ケーブル、変換アダプタと名称は様々ですが、用途は同じです。

古いモニターに接続したい場合などに、使うことになるでしょう。

あなたが組み合わせたい端子の名前で、キーワードを組み合わせて検索すれば目的のケーブルを探すことができます。

例:HDMI規格とDVI規格をあわせたい場合、

「HDMI DVI 変換ケーブル」

と検索しましょう。

Amazonベーシック HDMI-DVI 変換ケーブル – 1.8m (タイプAオス- DVI24pinオス)
Amazonベーシック(AmazonBasics)

安いもので500円ほどで売っています。

スポンサーリンク