徹底解説!楽天証券を7年間利用してみた!メリット・デメリット、評判・口コミは?

楽天証券 お金・生活の豆知識

スポンサーリンク

これから仮想通貨、株、FXの投資をしようと思っている方、証券会社の口座は必要になってきますよね。

最大の特徴は投資をしない方でも楽天銀行と紐付けることで普通預金金利が5倍になることでしょう。

楽天銀行口座を持っている方、作ろうとしている方は是非一緒に開設することをオススメします。

 

未成年でも口座を開設できるので、お子様や孫の将来ため、日々資産運用していくことも可能です。

スポンサーリンク

  1. 商品・サービス一覧
    1. 国内株式
    2. 海外株式・ETF
    3. 投資信託
    4. 楽ラップ
    5. 債券
    6. 先物・オプション
    7. 海外先物取引
    8. 楽天FX
    9. 外国為替
    10. NISA
    11. 確定拠出年金(iDeCo)
  2. 豊富なWebサービス・ツール
    1. トウシル
    2. MARKET SPEED(マーケットスピード)
    3. スーパースクリーナー
    4. おすすめツールetc…
  3. 普通預金金利が5倍
      1. 普通預金金利(大手銀行)0.001%
      2. 普通預金金利0.02%(楽天銀行)
      3. 普通預金金利0.1%(マネーブリッジ)
  4. 楽天ポイントプログラムに参加する
  5. 楽天スーパーポイントを使う、貯める、交換する
    1. 超割コースでポイント還元
    2. 投信積立でポイント還元
    3. 楽天スーパーポイントを使う
    4. 楽天スーパーポイントを交換する
  6. 楽天証券ポイントを使う、貯める、交換する
  7. 日本経済新聞が無料
  8. 未成年、赤ちゃんでも口座を持てる
  9. 業界屈指の格安手数料(国内株式手数料)2種類(※)
    1. 超割コース
    2. いちにち定額コース
    3. 大口優遇適用条件
  10. 手数料無料で取引する
    1. 楽天ETF
    2. いちにち信用取引
  11. 低リスクで海外株式・ETF
  12. 投資信託は100円から購入、積立可能
  13. 国内債券・外国債券・外貨建てMMF
    1. 国内債券
    2. 外国債券
    3. 外貨建てMMF
  14. 楽天FX
    1. マーケットスピードFX
    2. iSPEED FX
    3. 楽天FX-WEB(モバイルWEB)
  15. 楽天証券ならではの貸株サービス
    1. 金利優先コース
    2. 株主優待優先コース
    3. 株主優待・予想有配優先コース
  16. 楽ラップ
  17. 楽天証券の確定拠出年金(iDeCo)
    1. 初心者でも迷わない!厳選ラインナップ
    2. 運営管理手数料無料
  18. 評判・口コミ
    1. 良い評判
    2. 悪い評判
  19. 最後に

商品・サービス一覧

楽天証券では、投資の商品の種類はほぼすべて揃っています。

対応していないものといえば、国内(海外)不動産、仮想通貨ぐらいです。

2018年2月現在、SBI証券も仮想通貨業界に参入予定ですし、もしかしたら楽天証券も仮想通貨を取り扱う日が来るかもしれませんね。

複数の証券会社を使い分けるのが面倒、という方は楽天証券の開設を検討していただきたいです。

証券口座ではありますが、話題のロボアドバイザー(楽ラップ)や個人型確定拠出年金(iDeCo)にも対応しています。

 

国内株式

現物取引

通常の株式投資。自宅のパソコンや携帯電話から、リアルタイムに変化する株価を見ながら自分のペースで自由に行える取引です。

信用取引

現金や株券を担保(委託保証金)を担保にして、手元資金以上に売買することができる取引です。

REIT(リート)

好配当利回りに期待が持てます。通常の株式と同じように、立会時間中であればいつでも売買することが可能です。

国内ETF・ETN

取引所に上場されている投資信託です。通常の株式と同じように、立会時間中であればいつでも売買することが可能です。

新規後悔株式(IPO)、公募・売出株式(PO)

日本国内で非上場だった企業が新規に公開した株式の取引です。

立会外分売

企業等が保有する株式が、証券取引所の取引時間外(=立会外)で売り出される取引です。

貸株サービス

保有している株式を貸し出すことで金利収入を得ることができます。

 

海外株式・ETF

米国株式

ニューヨーク証券取引所やナスダック市場に上場している株式やETF、ADRを取引できます。

中国株式

香港証券取引所に上場している株式やETFおよび上海取引所に上場しているA株の主力銘柄の株式を取引できます。

海外ETF

米国や中国(香港)、シンガポールの取引所に上場しているETFを取引できます。

アセアン株式

アセアン主要国のシンガポール、タイ、マレーシア、インドネシアの主力銘柄および、シンガポール上場のETFを取引できます。

投資信託

投資信託

購入時の手数料がかからないノーロードファンドや、各種インデックスファンド等を多数取扱いしております。

外貨建MMF

米ドル、豪ドル、NZドル、カナダドル、南アランド、トルコリラの6通貨を取扱いしております。

MMF・MRF

MMFは2016年7月25日、MRFは2017年11月10日に取扱終了しました。

楽ラップ

楽ラップ

楽ラップ(正式名称:楽天証券ラップサービス)は、インターネット完結型の投資一任型運用サービスで、無料診断の質問に答えると、ロボ・アドバイザーがあなたにあった運用コースを提案します。
運用コースが気に入れば、10万円から自動運用が始められます。

債券

国内債券

各種個人向け国債や地方債、社債を取り扱っています。

外国債券

米ドルや豪ドル・NZドル、新興国通貨等、世界各国の外貨建て債券を取り扱っています。

先物・オプション

日経225先物/日経225ミニ

日経平均株価をベースにした株価指数先物取引です。指数の1,000倍(日経225先物)または100倍(日経225ミニ)の値段の取引を、少額の証拠金をもとにおこなうことができます。

日経225オプション

「買う権利」や「売る権利」を売買するオプション取引は、少額で株式の値下がりを和らげる「リスクヘッジ」に活用することができます。

 

海外先物取引

海外先物取引

世界の株価指数先物や商品先物(原油・金・農産物等)など、合計36銘柄を取り扱っています。 海外の市況を見ながら投資が可能です。

 

楽天FX

楽天FX

取引手数料が無料(0円)でローコストで始められ、ほぼ24時間マーケットスピードFXで快適に取引ができます。

 

外国為替

外国為替

外貨建て商品の取引の決済に使ったり、外貨のままお引き出ししたりすることが可能です。

カバードワラント(eワラント)

株式オプションを証券化した金融派生商品で、少額の投資資金でも大きなリターンをねらうことができます。23:50までリアルタイムに取引が可能です。

金・プラチナ

金やプラチナ、銀を毎月1,000円から積み立てたり、価格をみながらトレードしたり、ニーズに合った取引が可能です。

商品先物

東京商品取引所(TOCOM)の金や原油の取引ができます。

商品先物口座での取引には、楽天証券総合取引口座を開設している方も、新たに国内商品先物取引口座の開設が必要です。

 

NISA

一般NISA

国内株式、海外株式、投信信託が対象商品。

国内株式(売買)0円、海外ETF(買付)全額キャッシュバック。

つみたてNISA

国が定めた基準を満たした投資信託が対象商品。

現行NISAと同様に、投資した値上がり益や配当金・分配金にかかる税金が非課税になる積立に特化、非課税期間が20年と長いのが特徴。

ジュニアNISA

未成年(ご子息・ご息女)のための「少額投資非課税制度」です。ジュニアNISA口座で投資すると、そこで得た利益や、配当金・分配金にかかる税金が0%(非課税)になります。

 

確定拠出年金(iDeCo)

確定拠出年金(iDeCo)

決まった額を積み立てて、その資金を自分で運用しながら老後に備える年金制度。

 

豊富なWebサービス・ツール

トウシル

2017年7月31日からお金にまつわる記事や投資情報を発信するオウンドメディア(トウシル)をオープンしています。

オウンドメディア(英: owned media )とは、自社発行の広報誌やパンフレット、インターネットの自社ウェブサイト・ブログなど、企業や組織自らが所有し、消費者に向けて発信する媒体を指す。

参考:Wikipedia

トウシルは「お金と投資をもっと身近に」をテーマに、投資判断をサポートする投資や経済のレポートはもちろん、投資や証券という枠にとらわれない、毎日の生活やライフプランなどのお役立ち情報を発信されています。

オリジナルの個人投資家のインタビュー記事や特集企画を提供

プロによりマーケット情報はもちろん、マネー誌の元編集者による楽天証券オリジナルの個人投資家のインタビュー記事や特集企画など、投資や経済をもっと身近に、わかりやすく学べる記事を掲載しています。

読みたい記事が簡単に見つかる検索機能を用意

記事キーワードやおすすめ関連記事、商品別、国・地域別などで検索することができ、興味のある記事や読みたい記事をすぐに探すことが可能です。

SNSやメルマガで最新情報をタイムリーにお届け

FacebookやtwitterなどのSNSとの連携や、トウシル専用のメルマガをデイリーで配信し、最新のマーケット情報や記事をタイムリーにお届けします。

トウシル | 楽天証券の投資情報メディア
お金と投資をもっと身近に!株式投資や投資信託、iDeCo、NISAの失敗しない使い方は?投資初心者でも大丈夫。資産運用をはじめよう、続けよう。

MARKET SPEED(マーケットスピード)

国内株式・米国株式・為替・日経225先物・オプション・海外先物・カバードワラントを取引できるツールです。

リアルタイムかつ豊富な情報で、初心者からアクティブトレーダーまで投資家の皆様の投資活動を強力にサポートしてくれます。

以下の4つの条件にひとつでも該当すれば、マーケットスピードを無料で利用できます。

1.初回利用で、無料

はじめてマーケットスピードを利用する場合、利用申請から3ヶ月間無料利用可能。

2.他商品の口座開設で、無料

楽天FX取引口座、信用取引口座、先物・オプション取引口座のいずれかを開設済の場合、申請不要で無料利用可能。

3.資産を預けて、無料

預かり資産残高が30万円以上で無料利用可能。

4.自動入出金(スイープ)設定で、無料

楽天銀行との口座連携サービス「マネーブリッジ・自動入出金(スイープ)」設定で、利用申請すると無料利用可能。

種類豊富な「分析チャート」

チャートとは、株価の動きをビジュアル化したものです。楽天証券では、20種類以上のテクニカルチャートを閲覧できます。チャートに線を描画したり、コメントを入れたり、カスタマイズをすることも可能。

進化した「ランキング情報」

「値上がり率」「出来高」といった基本的なランキングはもちろん、「信用買残減」「前場寄前値上り率」といったランキングも閲覧でき、30種類近くのランキング情報で取引のサポートをしてくれます。

「充実のニュース」をリアルタイムで

株式から先物オプション、金利関連など多岐にわたるカテゴリのニュースを閲覧できます。さらに日経テレコン、四季報も配信しているので、マーケットスピードだけで、取引に必要な情報を手に入れることができます。

ドラッグ&ドロップで注文できる「武蔵」

「武蔵」ではドラッグ&ドロップですぐに注文を出すことが可能です。リストに銘柄を登録しておけば、ダブルクリックで銘柄の株価や板情報を確認できます。ランキング情報やチャートも確認できます。現物・信用の両方をなさる方のために同じ画面で、ワンクリックでの切り替えが可能です。

新機能「武蔵まとめ板」では、選択した「刻み」で気配値を表示できるため、小数点になって板の値動きが見づらいと感じた際に利用すると便利です。

ワンクリックで発注できる「エクスプレス注文」

価格をワンクリックするだけで現物取引や信用取引の新規注文や返済注文ができる機能です。呼値の単位が縮小された等の理由により板の変動が激しい銘柄の取引にもぴったりの注文方法です。

 

スーパースクリーナー

NISAでどんな銘柄を買えばいいかわからない・・・ そんな時は! NISAおすすめスクリーナー 公認会計士日根野 健氏がおすすめのスクリーニングをご提案

2014年からNISA(少額投資非課税制度)がスタートし、年間120万円までの投資から生じる譲渡益や配当が5年間非課税となることがメリットのひとつです。

1年で利益を出せる銘柄を見つけるのは困難ですが、5年で2倍、3倍になる銘柄は決して少なくありません。

そこでわかりやすい説明で人気の公認会計士 日根野建氏にNISAでオススメのスクリーニング条件を提案してくれています。

スーパースクリーナーとは国内株式のためのツールであり、多彩な検索条件で銘柄を検索できるツールです。

検索した結果はMyスクリーナーとして6つまで登録する事ができるので、どんな複雑な検索でも保存しておけば次からは1クリックで検索できます。

「市場」「規模」「投資金額」「指数採用銘柄」「業種」などの基本条件に加え、「財務」「コンセンサス情報」「銘柄属性」「テクニカル」といった詳細な検索も条件に追加する事ができ、初心者から上級者まで満足できる銘柄検索ツールとなっています。

おすすめツールetc…

上記で紹介したツール以外にも

スマホ株アプリ「iSPEED(for iPhone / Android、for iPad、FX、先物OP、CX(国内商品先物))」

iSPEED for iPhoneと連携する「Apple Watch」

国内株式決算カレンダー

ポートフォリオ

四季報

マーケットアロー

など、楽天証券では豊富なツールを用意されています。

 

普通預金金利が5倍

口座連携サービス R楽天証券×R楽天銀行 マネーブリッジ 年0.001%→年0.10%(税引後年0.079%) 普通預金金利が大手銀行の100倍※ 楽天証券×楽天銀行の自動入出金(スイープ) 普通預金金利 年0.10%(税引後 年0.079%) お取引ごとに楽天スーパーポイントが貯まる!

楽天銀行口座だけだと普通預金金利が0.02%ですが、マネーブリッジという仕組みを使って楽天証券と紐付けることで0.1%(5倍)になります。

大手銀行、楽天銀行口座に100万円預けていた場合、

普通預金金利(大手銀行)0.001%

100万円 × 0.001% = 10円

大手銀行にあずけても10円にしかなりません・・・

 

普通預金金利0.02%(楽天銀行)

100万円 × 0.02% = 200円

楽天銀行にあずけたら200円になった!^^(20倍)

 

普通預金金利0.1%(マネーブリッジ)

100万円 × 0.1% = 1,000円

楽天証券も開設したら1,000円ももらえた(金利)!^^(100倍)

 

1年預けるだけでも大手銀行の100倍にもなり、複利もふくめたらバカにできない金額になります。

マイナス金利時代の今、普通預金金利が高い口座にあずけておくことをオススメします。

楽天の銀行口座も証券口座も持ってないし、2つも開設するのは面倒くさい。
楽天証券口座を作るときに一緒に作ることができます。

楽天証券口座を申し込むときに「楽天銀行口座を申し込む」にチェックを入れるだけで、簡単に同時に口座開設できるのでオススメです。

楽天証券、楽天銀行を口座提携すると、「自動当入金(スイープ)」というマネーブリッジのサービスを利用(設定)することができます。

 

・楽天証券での国内株式等の買い注文時、楽天銀行から自動的に入金される:自動入金
・楽天証券の余剰資金を毎営業日夜間(22時ごろ)楽天銀行へ自動的に出金される:自動出金

 

自動出金を利用することで、楽天証券で使ってない資金は銀行預金となり、5倍の金利(0.1%)が適用されるようになります。

従来、出金の際は楽天証券から手続きを行う必要がありましたが、「自動当入金(スイープ)」機能を利用することで楽天銀行のキャッシュカードでコンビニなどのATMで引き出せるようになります。

 

楽天ポイントプログラムに参加する

取引や家族、友達の紹介、各種キャンペーンの利用でポイントが貯まります。

貯まったポイントは、楽天市場をはじめとした楽天グループの各種サービスで利用できます。

楽天スーパーポイントコースを選択すると、その日の夜にすべての楽天証券ポイントが楽天スーパーポイントに交換されます。

楽天スーパーポイントコースを選択しても、楽天証券ポイントが付与された当日中は、楽天証券ポイントの利用が可能で優先的に使われます。

・楽天スーパーポイント
・楽天証券ポイント
どちらを貯めるか自分で選べるため、好きな方を選んでお得に貯めましょう。

 

楽天スーパーポイントを使う、貯める、交換する

楽天スーパーポイントとは、

楽天グループ(楽天市場など)や楽天ポイントカード加盟店などで使えるポイントです。

楽天銀行のハッピープログラムでは、対象のサービスを利用で楽天スーパーポイントが付与されます。

5段階のステージがあり、ステージが上がるほど、ポイント付与率が高くなります。

そして、楽天証券の取引もハッピープログラムのポイント付与の対象になり、ステージ判定としてもカウントされるのでオススメです。

ハッピープログラムのステージが上がると、振込手数料やATM手数料が無料になるなど、楽天銀行をお得に利用することができるようになります。

 

超割コースでポイント還元

超割コースなら1% 超割大口優遇コースなら2% をポイントバック!

国内株式手数料のコースが「ワンショットコース」「いちにち定額コース」「超割コース」とあり、超割コースにするだけで、楽天証券での取引手数料の1%がポイントバック(大口優遇なら2%)され、楽天スーパーポイントが貯まります

しかも、ポイントバック対象商品は国内株取引はもちろん、外国株式や投資信託なども含まれます。

対象商品

国内株式取引(現物・信用)

投資信託(投信積立含む)

海外株式取引(米国株式、中国株式、アセアン株式)

日経225先物取引(ラージ、ミニ)

日経225オプション

海外先物

金・プラチナ取引

各種手数料ごとの、ポイントバック早見表

現物取引 取引金額 超割コース 手数料 獲得ポイント 5万円まで 50円(税込54円) 1ポイント 10万円まで 90円(税込97円) 1ポイント 20万円まで 105円(税込113円) 2ポイント 50万円まで 250円(税込270円)3ポイント 100万円まで487円(税込525円) 5ポイント 150万円まで582円(税込628円) 6ポイント 3,000万円まで 921円(税込994円) 10ポイント 3,000万円超 973円(税込1,050円) 10ポイント 超割コース大口優遇 手数料 獲得ポイント 5万円まで 0円 - 10万円まで 0円 - 20万円まで 100円(税込108円) 2ポイント 50万円まで 238円(税込257円) 5ポイント 100万円まで 426円(税込460円) 9ポイント 150万円まで 509円(税込549円) 11ポイント 3,000万円まで 806円(税込870円) 17ポイント 3,000万円超 851円(税込919円) 18ポイント

信用取引 取引金額 超割コース 手数料 獲得ポイント 10万円まで 90円(税込97円) 1ポイント 20万円まで 135円(税込145円) 2ポイント 50万円まで 180円(税込194円) 2ポイント 50万円超 350円(税込378円) 4ポイント 超割コース大口優遇 手数料 獲得ポイント 10万円まで 0円 20万円まで 0円 50万円まで 0円 50万円超 0円 ポイントバックはありません。

参考:楽天証券 超割コースポイントバック

投信積立でポイント還元

投信積立でポイントゲット!買付時も、保有しているだけでもポイントがもらえる お得なポイントプログラムでポイントをためてネットショッピングや旅行を楽しもう!

投信積立サービスの手数料の1%がポイントバックされます。

さらに、「マネーブリッジ」「ハッピープログラム」に一度登録すると、投資信託の残高10万円ごとに毎月4ポイント付与されます。

ハッピープログラムの場合、投資信託以外にも、株式やFXでの取引などでもポイントが付与されるのでおすすめです。

 対象商品/サービス 獲得ポイント
 国内株式(現物・信用)  手数料100円ごとに1ポイント
 米国株式
 中国株式
 投資信託 残高10万円ごとに4ポイント
 個人向け国債 買付金額3万円ごとに1ポイント
 楽天FX 10毎(10万通貨)ごとに1ポイント
 日経225先物取引(ラージ・ミニ) 手数料100円ごとに1ポイント
 日経225オプション
 eワラント 3万ワラントごとに1ポイント

楽天スーパーポイントを使う

貯まった楽天スーパーポイントは実際にある店舗でポイントを利用することができます。

ミスタードーナツやマクドナルドなどで利用できるため使いやすいですね。

参考:楽天ポイントカード、使えるお店

楽天スーパーポイントを交換する

楽天スーパーポイントは1ポイント1円で楽天Edyと交換することができます。

ANAマイルに交換することもでき、楽天スーパーポイント2ポイントで1マイルと交換できます(最低50ポイント以上から)。

ANAマイルへの移行手数料は無料なのが嬉しいですね。

 

楽天証券ポイントを使う、貯める、交換する

楽天証券ポイントとは、

楽天証券独自のポイントで、楽天スーパーポイントなどと交換できます。

「楽天証券ポイント」1P:「楽天スーパーポイント」1Pと交換

「楽天証券ポイント」35P:JALマイレージバンクの「JMBマイル」10マイルと交換

投資信託の買付に利用

 

日本経済新聞が無料

楽天証券に登録すると日本経済新聞(朝刊・夕刊)、日経産業新聞、日経MJなどの閲覧、過去1年分の新聞記事検索、日経速報ニュースの閲覧ができるようになります。

日本経済新聞で契約すると、

朝刊・夕刊セット地域 月額4,900円/全日版地域 月額4,000円
日経電子版 月額4,200円
日本経済新聞(宅配)+電子版 月額5,900円

となりますが、楽天証券に登録すると無料で閲覧できるようになります。

2017年11月1日から、日本経済新聞の値上げが行われました。

日本経済新聞で契約すると年間48,000円~70,800円かかってしまいますが、楽天証券では完全無料で購読できます。

楽天証券は口座開設費用、年会費(維持費)など一切かかりません。

 

未成年、赤ちゃんでも口座を持てる

楽天証券なら、未成年(20歳未満)の未婚の方でも口座を開設できます。

自分の赤ちゃんや孫のために、ジュニアNISAを開設する際にも、未成年口座の開設が必要になります。

残念ながら、マネーブリッジの利用はできません。

ロボアドバイザー、楽ラップも未成年でも運用できるようになるため、オススメです。

 

業界屈指の格安手数料(国内株式手数料)2種類(※)

楽天証券の手数料は安いんです。 

2018年2月現在、以下の3種類のコースがあります。

いちにち定額コース
超割コース
ワンショットコース(※)

ワンショットコースは今後廃止予定で、楽天証券では「いちにち定額コース」「超割コース」のどちらかに変更をお願いしているため紹介は割愛します。

手数料コースは毎営業日、何度でも変更が可能です。

 

超割コース

2017年12月25日(月)から超割コースの手数料を大幅に引き下げられました

基本的には、手数料コースを迷う場合は超割コースを選べば間違いないと思います。

12月25日の値段改定により、ワンショットコースと比較するとすべての価格において完全上位互換となっています。

超割コースを利用すると、手数料の1%~2%がポイントバックされます。

SBI証券、カブドットコム証券、マネックス証券と比較してもSBI証券と並んで業界最低水準となっています。

現物取引手数料

取引金額超割コース超割コース(大口優遇)
5万円50円(税込54円)0円
10万円90円(税込97円)0円
20万円105円(税込113円)100円(税込108円)
50万円250円(税込270円)238円(税込257円)
100万円487円(税込525円)426円(税込460円)
150万円582円(税込628円)509円(税込549円)
3,000万円921円(税込994円)806円(税込870円)
3,000万円超973円(税込1,050円)851円(税込919円)

信用取引手数料

取引金額超割コース 超割コース(大口優遇)
10万円90円(税込97円)0円
20万円135円(税込145円)
50万円180円(税込194円)
50万円超350円(税込378円)

いちにち定額コース

「いちにち定額コース」とは1日に取引した国内株式の約定金額合計によって、手数料が決まります。

現物取引と信用取引の区別なく計算され、日計り取引(デイトレード)を行うと、片道分の手数料が無料になります(デイトレード割引)。

1日の約定金額合計手数料
10万円まで0円
20万円まで191円(206円)
30万円まで286円(308円)
50万円まで429円(463円)
100万円まで858円(926円)
200万円まで2,000円(2,160円)
300万円まで3,000円(3,240円

以降、100万円増えるごとに1,080円追加されます。

大口優遇適用条件

毎日判定信用取引本日の新規建約定金額合計5,000万円以上
1ヶ月(毎月26日~翌月25日)の新規建約定金額合計5億円以上
本日15時時点の信用建玉残高5,000万円以上
毎月判定貸株1ヶ月の平均残高5,000万円以上
投資信託1ヶ月の平均残高5,000万円以上

大口優遇は条件達成後、3ヶ月有効となります。

SBI証券では、5,000万円以上の新規建玉で翌営業日が無料ですが、楽天証券では3ヶ月無料のため大きな差となっています。

超割コースを選択していた場合、ポイントバックが2倍(1%→2%)になるというメリットもあります。

資金が多い投資家の場合、値嵩株をクロス取引(つなぎ売り)すると簡単に条件達成できると思います。

 

手数料無料で取引する

楽天ETF

楽天225ダブルブル 楽天ETF-日経レバレッジ指数連動型 証券コード1458 楽天225ダブルベア 楽天ETF-日経ダブルインバース指数連動型 証券コード1459 手数料 0円

選択している手数料コースに関係なく、「楽天225ダブルブル」「楽天225ダブルベア」の取引手数料(現物取引・信用取引)が無料になります。

「楽天225ダブルブル」「楽天225ダブルベア」とは

日々の騰落率を日経平均株価の騰落率の2倍(ダブルベアはマイナス2倍)として計算された指数への連動を目指すETFです。

「楽天225ダブルブル」「楽天225ダブルベア」ファンドの信託報酬(運用・管理費用)は、東京証券取引所上場 日経レバレッジ指数連動型ETF4ファンド平均(年0.812%)のおよそ半額以下(年0.378%)となっています。

 

いちにち信用取引

「いちにち信用」は、当日中に返済をするデイトレードに特化した一般信用取引です。

取引は、買建売建ともに可能です。また通常空売りできない新興市場銘柄について楽天証券が「特別空売り銘柄」として取扱う銘柄は売建ができます。

売買手数料は0円、金利・貸株料も約定代金が100万円以上なら0%、100万円未満の場合1.90%で運用可能です。

 

低リスクで海外株式・ETF

2017年9月25日から、取引手数料が約定代金の0.45%(最低手数料5米ドル、上限20米ドル)となり、SBI証券、マネックス証券と並んで業界最低水準となっています。

取引可能株式

米国株式

中国株式(香港証券取引所、上海証券取引所(A株市場)に上場している株式やETF)

アセアン株式(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシアの上場株式)

アセアンETF(シンガポール上場銘柄のみ)

海外ETF(米国253本、中国44本、シンガポール54本)

2018年2月1日現在

参考:楽天証券/海外株式・ETF

海外ETFは5万円~10万円ほどの比較的少額資金で、対象指数に採用されている全銘柄に投資するのと類似の投資効果が得られ、国内のETFと同様、一般的な投資信託と比較して、保有にかかるコストが割安などのメリットがあります。

特定口座にも対応していて、源泉徴収ありなら、確定申告も原則として不要となっています。

手数料コースを「超割コース」にすることで、手数料の1%を「楽天スーパーポイント」または「楽天証券ポイント」にポイントバックされるため、SBI証券、マネックス証券と比較して1%安くなり楽天証券が最安値となります。

 

投資信託は100円から購入、積立可能

楽天証券では2,540本(2018/2/5現在)という豊富な銘柄ラインナップがあり、手数料コース「超割コース」を利用することで、ポイント還元もありお得になっています。

参考:楽天証券投資信託メリット

投資信託の残高に応じて、毎月最大1,000ポイント付与される「資産形成ポイント」や、楽天銀行の「ハッピープログラム」を通じて、投資信託の残高10万円ごとに毎月4ポイント獲得できるサービスに対応していて、

楽天証券ならではの多彩なポイントサービスといえます(ハッピープログラムと資産形成ポイントは併用不可)。

楽天証券の投資信託では100円から投資、積立可能で楽天スーパーポイントで購入することも可能です。

自分で投資信託を探したい方へ「通常モード」と、投資信託が初めて、よくわからない、初心者の方へ「かんたんモード」の2種類用意されていて、いつでもモードを変更可能となっています。

楽天証券では年代別(20代、30~40代、50代、60代以上)でライフプランを提案してくれているため、自分に合った投資方法を選択できると思います。

また、はじめて投資信託を挑戦する方々、投資の初級者、中級者を応援している「投信1(とうしんわん)」というWebサービスも行っています。

投信1の記事は、大手証券会社や資産運用会社で証券アナリストやファンドマネージャーとして活躍してきたLongine(ロンジン)のメンバーが執筆または監修しています。

投資信託をポイントで利用する方法

[ログイン]→[投信]→[注文]→[銘柄検索・選択]→[楽天スーパーポイントとのID連携]→[必要項目入力]→[発注]

 

国内債券・外国債券・外貨建てMMF

国内債券

楽天証券では「個人向け国債」「社債」「地方債」「新窓販国債」を取り扱っているためニーズに合わせて選ぶことができます。

個人向け国債では固定3年、固定5年、変動10年があります。

国内債券は利率(利回り)は低いものの額面1万円から購入可能で、元本や利払いの安全度は高くローリスク・ローリターンなのがメリットといえます。

日本銀行がマイナス金利政策を導入後、大手銀行が定期預金金利を年率0.01%(税引前)へ引き下げを実施しました。その中で、最低金利が年率0.05%(税引前)と保証されている個人向け国債の注目度があがっています。

楽天証券の国内債券では、買い付けから売却(換金)まで完全システム対応のため、売却時(換金時)にコールセンターまで連絡する煩わしさがありません。

外国債券

外国債券とは発行者、発行市場、通貨のいずれかが海外である債券をいいます。

楽天証券では、好金利通貨として人気の南アフリカ・ランド建て債券、トルコ・リラ建て債券や日本初の公募売出となったロシア・ルーブル建て債券など、随時好金利高格付けの債券を取り扱っています。

日本と海外の金利を比較すると、南アフリカやオーストラリアなど日本よりも高い金利の国がたくさんあります。外国債券を購入することで、こうした国の好金利を享受することができるようになります。

参考:10年債の利回り比較(2016年8月5日現在) 出所:ブルームバーグ ドイツ -0.09% イギリス 0.64% アメリカ 1.49% オーストラリア 1.89% メキシコ 6.02% インド 7.16% 南アフリカ 8.55% 日本 -0.23%

いままでは外国債券の買付、利金、償還金、売却は円貨決済のみに限られていたため、債券の買付と為替取引は同時に行われておりましたが、外貨決済サービスをリリースしたことにより、ユーザーの都合に応じて、それぞれを円貨決済または外貨決済を選択できるようになりました。つまり、債券の取引と為替取引を別々に行うことができるようになりました。

「償還を迎えるけど購入時より円高になってしまったので、しばらく外貨のまま持ちたい」「任意のタイミングで円貨や外貨に交換したい」「利金は円貨で欲しい。償還金は外貨で欲しい。」このようなユーザーの声も、楽天証券の外貨決済サービスなら対応できます。円貨への両替をご自身のタイミングでおこなうことにより、為替リスクをコントロールすることができます。

外貨建てMMF

外貨建てMMFとは米ドルやユーロなど、外貨建ての格付の高い国債などの短期債券を中心に運用され、少額からの申込・換金が可能です。

毎日運用実績に応じた分配が行われ、その月の分配金を月末にまとめて元本に再投資する1ヵ月複利の商品です。

取扱通貨スプレッド
米ドル建てMMF(GS)25銭
米ドル建てMMF(ニッコウ)25銭
オーストラリアドル建てMMF70銭
ニュージーランドドル建てMMF70銭
カナダドル建てMMF80銭
南アフリカランド建てMMF30銭
トルコリラ建てMMF2円

いずれも申し込み・解約手数料は無料です。

トルコリラ建てMMFの注文は毎営業日の13時に締め切り。

他の通貨建てMMFの注文は毎営業日の13時50分に締め切り。注文の再開は全通貨とも14時20分となっています。

楽天FX

楽天FX 業界最狭水準※1の標準スプレッド 米ドル/円 原則固定(例外あり) 0.3銭 英ポンド/円 1.0銭 原則固定(例外あり) ユーロ/米ドル 0.4pips 原則固定(例外あり) 英ポンド/米ドル 1.0pips 原則固定(例外あり)

楽天FXでは米ドル/円スプレッド0.3銭(例外あり)、取引手数料0円と業界最狭水準となっています。

また、楽天FXでは「トムソンロイター」「リアルタイム為替レート&フィスコ為替ニュース」など投資情報を豊富に取り揃えています。

楽天証券は楽天株式会社の100%子会社であり、JCR信用格付けでAランク(2017年9月15日付)となっているため、安心して取引できます。

参考:株式会社日本格付研究所-楽天証券(850665)

楽天FXの取引チャネルは4種類のツールがあり、すべて利用料は無料となっています。

パソコンでマーケットスピードFX、楽天FX-WEBを、スマホでiSPEED FX、携帯電話で楽天FX-モバイルWEBと幅広く取引することができます。

マーケットスピードFX

GOOD DESIGN デザインと機能が融合した完璧なトレーディングツール MARKETSPEED FX

チャート画面には約40種類のテクニカル分析指標と豊富な描画系機能を搭載し、自由に設定変更でき、チャート画面からのダイレクト発注も可能となっています。

多彩な取引スタイルに合わせた高カスタマイズ性、ほぼ全ての情報の表示有無・順序をシンプルな操作でスムーズに編集可能で、テンプレート機能に加えて2つの編集モードで自在にレイアウトを変更できます。

iSPEED FX

iSPEEDが更なるスピードを手に入れた トレードに必要な情報を1画面に凝縮した「ASスピード発注」搭載 手数料無料! iSPEED FX Version 2.0

スマートフォン向けの取引ツール・アプリです。

取引レートや、各種照会画面をスマホでリアルタイムに確認でき、直接振替入出金が可能です。

9種類のテクニカル分析を3分割画面で表示できる多彩なチャート機能も持っています。

楽天FX-WEB(モバイルWEB)

普段から使っているブラウザで、ログイン、注文、チャート確認、口座確認、入出金・振替することができます。

楽天証券ならではの貸株サービス

楽天証券の貸株サービスは好金利が魅力で、1%以上のボーナス金利銘柄も多数取り扱っています。

貸株金利は週次で見直しを行い、マーケット動向に柔軟(フレキシブル)に対応しています。

参考:楽天証券による最新の貸株金利

楽天証券の「株主優待・配当金自動取得サービス」では、貸株サービスを利用中でも株主優待や配当金を自動で受け取ることができます。ユーザーの好みに合わせて3つのコースから選択が可能です。

金利優先コース

貸株を継続し、できるだけ多くの貸株金利を受け取りたい。

・株式の自動返却を行わず、貸株金利を継続取得できます。

・権利確定日は、貸株金利が通常の5倍になり、適用後の金利上限は100%(年率)になります。

・配当金は、配当金相当額として、自身の預り金に入金されます。

 

株主優待優先コース

貸株しながら株主優待も欲しい。

・株主優待の権利確定日に、自動的に自身の口座へ株式が返却され、株主優待の権利を受け取ることができます。

・株主優待情報がない場合は、配当金は配当金相当額として自身の預り金に入金されます。

株主優待・予想有配優先コース

貸株しながら株主優待も配当金も欲しい。

・株主優待や配当金の権利確定日に、自動的に自身の口座へ株式が返却され、株主優待や配当金を受け取ることができます。

・株主優待情報がなく、TMI提供の配当情報が「予想配当情報が0円」「予想配当情報が未定、過去2回の確定配当情報が0円(復配銘柄)」の場合、自動返却されません。

 

楽ラップ

楽ラップ(楽天証券ラップサービス)はユーザーの投資目的や投資経験を聞いたうえで、ユーザーに代わって資産運用と口座管理を行う投資一任サービスです。

投資信託を選べない、面倒くさいという方にオススメできるサービスとなり、手数料は最大で0.990%です。

2017年11月12日から自動増額可能な積立サービスが開始され、最低投資金額(10万円)に加えて、最低1万円以上1円単位で積立可能となります。

 

楽天証券の確定拠出年金(iDeCo)

iDeCoとは。決まった額を積み立てて、その資金を自分で運用しながら老後に備える年金制度です。

iDeCo新規申込で楽天スーパーポイントが100ポイント付与され、2018年6月時点のiDeCoにおける投資信託残高に対して0.03%相当分の楽天スーパーポイントがプレゼントされます。

初心者でも迷わない!厳選ラインナップ

楽天証券の商品ラインナップはスコアシステムにより中立的に評価され、31本となっています。

元本保証の定期預金もあり、商品選定は、投資・経済の専門チーム「楽天証券経済研究所」を中心に、中立的な選定を実施しています。

 

運営管理手数料無料

残高、積立額、期間に関わらず、全ユーザーが0円で利用できます。

ただし、国民年金基金連合会や事務委託先金融機関(信託銀行)が設定する口座管理手数料等が別途発生します。過去に加入・移換・運営管理機関変更された方もすべて対象となります。

 

評判・口コミ

良い評判

もともと楽天会員だったので面倒な申し込み手順もなく、スムーズに開設できました。スマホ取引も便利。

使い勝手はSBI証券と比較してあまり違いを感じなかった、スマホ機能は見やすく、チャート機能も整っている。

他の大手証券と比べ、格段に取扱商品が豊富。

平均してどの銘柄も手数料が安いのがメリット。

疑問点があれば電話対応もしてくれて、即解決した。電話が混雑してた経験はない。

対応がはやいし、メールでの情報提供もすばやい。

悪い評判

パソコンの扱いが苦手で困ることが多く、問い合わせの電話もなかなかつながらない。

売買時の注文処理が遅いことがある。メンテナンスが多いため、すぐ見れない場合がある。

初心者には使いやすいかもしれないが、アプリは使いにくいと感じる。直感的に使えるようにしてほしい。

 

最後に

楽天証券を開設すると株式取引、iDeCoなど豊富な取引をおこなうことができるようになります。

セキュリティ面も、今後ブロックチェーン技術を活用した本人認証サービスの導入を予定しています。

口座開設費用、維持管理手数料は、商品・口座の種類に関わらずすべて無料です。

口座開設によるキャンペーンもあり、楽天スーパーポイントを無料でもらうこともできます。

楽天で買い物する方、楽天銀行に預金している方にもメリットがある証券会社となっていますので、はじめての証券会社としてもオススメです。

スポンサーリンク