NHK受信料を払ってしまった!NHKの解約方法

お金・生活の豆知識

スポンサーリンク

一人暮らしになると必ずやってくるのがNHK集金人です。

 

今回はNHKの解約方法について解説していきます。

スポンサーリンク

NHKの契約は解約可能!

結論でいえば解約可能ですが、契約しないのが一番です。
支払いは義務と思っている方もおられるかもしれませんが、
支払いは義務ではありません。

NHK会長の籾井勝人氏が、衆議院総務委員会で維新の会の高井崇志議員からNHKの受信料について尋ねられた時、

「(NHK受信料の支払いを)義務化できればすばらしい。法律で定めて頂ければありがたい」

と発言した、つまり受信料の支払いは法律的に義務ではないと公表されました。

 

 

NHKの解約方法は2通り

NHKを解約できる条件を満たす

解約できる条件として、

・受信機を捨てずに設置状態を解除(アンテナケーブルを抜いたり、テレビを物置きなどに仕舞い放送が視聴できない状態にする)

・受信機が故障して視聴ができない状態になる

・受信機を廃棄する

・受信機を売却する

・受信機を譲渡する

 

のいずれかを満たした場合です。

ですが、

→「受信機を捨てずに設置状態を解除」
放送法や受信規約をよく理解し、完全論破しないといけない

→「受信機が故障して視聴できない状態になる」
“受信技術”という職員が家に来て、修理を試みる

→「受信機を廃棄する」
解約届に”受信機を廃棄した証明書類”を添付して郵送するよう要求される

→「受信機を売却する」
売却した際の領収書や受領書のコピーなどを要求される

→「受信機を譲渡する」
譲渡先の氏名、連絡先を聞かれる

 

と、とても面倒ですしNHKに電話し解約届を送付してもらわなければいけない。

しかもそう簡単に送付してくれるものでもありません。

 

NHKの解約方法 実家に帰る

大学生など一人暮らしの方で実家がNHK受信料を支払っているのであれば

一人暮らしを解消すれば(実家に帰ることで)、解約できます。

また、電話で問い合わせる必要もなく、NHKのホームページから必要事項を入力するだけで

実際に引越ししたか確認にも来ないし、電話などでの確認もないようです。

放送受信料 住所変更のお手続き

 

最後に

契約しないのが一番です。

何度も、NHKが来て断りにくい、どうやって断ったらいいかわからない場合、

以下のリンクを参考にしてください。

一人暮らし必見!NHK受信料の断り方
一人暮らしをはじめると宗教の勧誘、新聞勧誘など来ますが今回はNHK受信料の断り方についてです。 NHK受信料は一度契約して支払いをしてしまうと、「今後は払わなくてはいけない」という義務になります。 以下で紹介する自分に合った断り...

スポンサーリンク