【ロボアドバイザー比較】ウェルスナビとTHEO(テオ)の手数料比較、運用実績公開あり

ウェルスナビとテオを比較 ロボアドバイザー

スポンサーリンク

WealthNavi(ウェルスナビ)」と「THEO」ですが、基本手数料が両者1%と同じということでよく比較されています。

 

結論として「WealthNavi(ウェルスナビ)」と「THEO」で迷っているなら

WealthNavi(ウェルスナビ)」で運用を開始することをおすすめします。

ウェルスナビforSBI証券の違いは?全8社を比較
ウェルスナビとSBI証券の違うところは、ログイン方法や必要な口座の種類が違います。 運用方針など基本的なサービス面に違いはありません。 結論として迷っていたら、ウェルスナビで始めることをおすすめ。 2018年8月現...

スポンサーリンク

WealthNavi(ウェルスナビ)とTHEO(テオ)を比較(全6項目)

手数料を比較

WealthNavi(ウェルスナビ)THEO
基本手数料年率1.0%/預かり資産3,000万円まで
年率0.5%/預かり資産3,000万円を超える場合
ETF売買手数料(経費率)0.10%~0.14%/年率0.25%/平均年率
手数料割引率最大0.90%まで/年率なし
その他手数料0円

 

例えば、10万円投資したとして「WealthNavi(ウェルスナビ)」では最大年率1,140円です。

対して、THEOでは年率1,250円の手数料となります。

気にする差額ではありませんが、WealthNavi(ウェルスナビ)の方が手数料は安くなります

更にWealthNavi(ウェルスナビ)では、手数料割引サービス(長期割)もあります

 

投資先を比較

WealthNavi(ウェルスナビ)」も「テオ」も海外ETFへ分散投資します。

 

THEOでは、およそ30~40種類のETFから構成されています。

40種類もの銘柄に投資、リスク分散しているため平均手数料が0.25%と「WealthNavi(ウェルスナビ)」よりも高くなってしまっています。

 

対して「WealthNavi(ウェルスナビ)」では1990年にノーベル賞を受賞したハリー・マーコビッツ氏の「ポートフォリオ理論」などに基づき、

6~7種類の銘柄に厳選投資しています。

そのため、ETF経費率も最大0.14%と「WealthNavi(ウェルスナビ)」の手数料はTHEOよりも割安になっています。

 

機能性(性能)を比較

ロボアドバイザーなので、当然「ポートフォリオ自動構築」「自動積立・発注」「自動再投資」などの基本機能は揃っています

ポートフォリオを最適な配分になるよう自動リバランスも「WealthNavi(ウェルスナビ)」「THEO」どちらも持っている機能です。

そして、家計簿アプリ「マネーフォワード」とも連携できます。

質問者
どちらも同じ機能しか持っていないの?
いいえ。ウェルスナビでは自動税金最適化(DeTAX)という、唯一無二(特許あり)の機能があります。

これは、配当やリバランスから生じる税負担が一定額を超えた場合、含み損を実現させることで自動で繰り延べてくれる機能です。

かんたんに説明すると、税金を節税してくれます

これにより年率0.4%~0.6%程度負担をへらすことができます。

 

最低投資額を比較

最低投資額
ウェルスナビ10万円
ウェルスナビ for ○○30万円
THEO1万円
THEO +1万円

 

提携会社の運営する「WealthNavi(ウェルスナビ)」「THEO」ではそれぞれ「for ○○」「+」とわかりやすくなっています。

WealthNavi(ウェルスナビ)では、2018年2月1日より10万円から投資開始することができるようになりました。

対してTHEOでは1万円から投資することができますがポートフォリオ構築は10万円から行われます

10万円以下の場合は株式を中心に構成されたETFを購入していくので、実際の最低投資額に差はないといえます。

 

提携会社を比較

ウェルスナビテオ
株式会社SBI証券
住信SBIネット銀行株式会社
全日本空輸株式会社(ANA)
ソニー銀行株式会社
株式会社イオン銀行
株式会社新生銀行

ネット証券最大手、SBI証券と提携しているため、安心感があります

ウェルスナビ株式会社が運営する「WealthNavi(ウェルスナビ)」でしか反映されないキャンペーン、サービス(長期割)があります

WealthNavi(ウェルスナビ)公式ページへ

そのため、上記提携会社の銀行口座も持ってないという方は「WealthNavi(ウェルスナビ)」での運用をすると、お得に資産運用できます。

 

評判・実績を比較

ブロガーさんの記事を探しましたが、総資産(利益)が

WealthNavi(ウェルスナビ)」 > 「THEO

になっているサイトが多い印象です。

ロボアドバイザーは長期投資前提なので、逆転する可能性はあります。

【2018年最新】ウェルスナビは評判通り?運用実績まとめ!1000万円投資した結果
「WealthNavi(ウェルスナビ)」は2018年8月に、預かり資産1000億円を突破しました。 早い人で2016年11月から運用していますが、実際の運用成績はどうなのか気になりますよね? 結論、1年以上運用を続けてい...

 

THEOは10万円以下だと出金不可という大きなデメリットもあります

個人的にも、アプリも使いやすいWealthNavi(ウェルスナビ)の方が有利だと思います。

 

比較まとめ

ウェルスナビTHEO
自動運用
最低投資額10万円~30万円1万円
基本手数料年率1.0%/預かり資産3,000万円まで
年率0.5%/預かり資産3,000万円を超える場合
ETF売買手数料(経費率)0.10%~0.14%/年率0.25%/平均年率
投資対象海外ETF
投資銘柄数6~730~40

WealthNavi(ウェルスナビ)とテオで迷っているなら、WealthNavi(ウェルスナビ)での資産運用をオススメします

WealthNavi(ウェルスナビ)公式ページへ

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

ウェルスナビ(WealthNavi)
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

・手数料は預かり資産の1%

・最低投資額は10万円~

・公式サイトから申し込むことで手数料キャッシュバック、積立特典、手数料割引(長期割)など限定特典あり

テオ(THEO)
THEO

・手数料は預かり資産の1%

・最低投資額は1万円~

・公式から申し込むことで限定特典あり

・人気No1ウェルスナビと比べられるほど優秀なロボアドバイザー

マネラップ(MSV LIFE)
MSV LIFE

・手数料は預かり資産の1%

・最低投資額は1,000円~

・ウェルスナビ、テオと比べて低コストで始められる

スポンサーリンク