【Q&Aまとめ】ウェルスナビのDeTAXとリバランス効果、タイミング徹底解説

ロボアドバイザー

スポンサーリンク

リバランスは年末にするべき、年1回で十分、一部売却して新たに購入など・・・。

よくわからないですよね?

投資信託において、リバランスをしなければ利益が小さくなったり、自分の思っていた資産運用とかけ離れたものになってしまいます

ですが、ウェルスナビではリバランスは自動で行われます。

 

今回、リバランスの意味からその効果まで、徹底的に解説していきます。

ウェルスナビ公式サイトでDeTAX、リバランスについて調べるWEALTHNAVI(ウェルスナビ)

ウェルスナビ無料診断はこちら

スポンサーリンク

ウェルスナビのリバランスとは

通常、投資信託で資産運用を続けているとETFの時価が変動します。

そして、ポートフォリオの資産割合が当初提案した最適な割合とかけ離れたものになっていきます。

その割合を最適な状態に戻すことをリバランスといいます。

リバランス方法

自分でリバランスをする場合、値上がりして最適な割合より実際の保有割合が増えた銘柄を一部売却し、値下がりした銘柄を追加投資します。

値上がりした銘柄を利益確定して、値下がりした銘柄を購入するため、リバランスしない場合よりパフォーマンスが改善される可能性があります。

実際、どのくらい増えたら売却するのか、私達には判断が難しいですし、自分の資産で運用するため感情が入ってしまいます。

ウェルスナビでは、自動で売却、購入してくれるためリバランスは必要ありません。

 

リバランスのタイミング

ウェルスナビのリバランスは原則半年に一回行われます。

あなたのポートフォリオと最適ポートフォリオの配分比率を資産クラスごとに比較、

5%以上乖離している資産クラスがあった場合、前倒しで行われます。

ただし、資産評価額が50万円未満の場合、前倒しでのリバランスは行われません。

半年に一度のリバランスも、あなたのポートフォリオと最適ポートフォリオとの乖離が小さく、リバランスの必要がないと判断した場合は、

リバランスによる売買は行われません。

自動積立を行っている場合も、リバランス付自動積立の効果で、ポートフォリオが最適な状態を保ちやすくなっています。

 

ウェルスナビのDeTAXとは

配当やリバランスによって一部銘柄を売却し、値上がり益が発生した場合、課税対象となります。

そして、その税負担が一定額を超えた場合、あなたのポートフォリオ組入銘柄の中に含み損がある銘柄があれば、

その銘柄を一旦売却し、すぐに買い戻すことによって損を実現し、益と相殺することでその年の税負担を軽減します。

DeTAXのタイミング

リバランスによる売買益+分配金の税負担が2万円以上を目安として自動的にDeTAXが行われます。

DeTAXの申し込みは不要です。

DeTAXのデメリット

実際の適用の可否はポートフォリオ組入銘柄の損益状況に依存し、

税負担を必ず繰り延べることを保証するものではありません。

 

まとめ

ウェルスナビで資産運用をまかせておけば、ポートフォリオの調整や税負担まで軽減してくれます。

当サイトではウェルスナビで資産運用することをオススメしています。

WealthNavi(ウェルスナビ)公式サイトへ

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)
ウェルスナビ無料診断はこちら

最後に

【WealthNavi(ウェルスナビ)】オススメのリスク許容度と選ぶときの注意点
ロボアドバイザー、WealthNavi(ウェルスナビ)にはリスク許容度が1~5の5段階あります。 今回、リスク許容度別の運用成績の比較や、リスク許容度を変更する方法を公開しています。 結論からいうと、「最短1分・無料診断...
【WealthNavi(ウェルスナビ)】デメリットとセキュリティ対策について
私自身、WealthNavi(ウェルスナビ)を利用していますし総合的にみて満足しています。 ですが、デメリットはありますし金融商品、投資である以上リスクは避けられません。 リスクヘッジ(危険回避)のためデメリットを受け入れ、長期...
【Q&Aまとめ】WealthNavi(ウェルスナビ)の入金・出金方法とタイミング
この記事では、ウェルスナビで運用開始した後の入金、出金する方法、タイミング、について徹底的に解説しています。 入金のタイミングは、入金した方法によって変わり、 出金のタイミングも同様に、出金依頼したタイミングによって変わ...
【Q&Aまとめ】ウェルスナビの手数料は高い?計算方法や税金について
ウェルスナビの基本手数料は1%ですが、高いと感じる人、妥当だと感じる人がいます。 手数料自体はかわらないはずですが、この違いは何なのでしょうか? 結論、 ウェルスナビに頼らず自分で投資信託ができる人には、高いと感じ、 自分...
【Q&Aまとめ】ウェルスナビは積立するべき?金額やタイミング 徹底解説
結論、 ウェルスナビで運用するなら 積立するに越したことはないです。 積立を行う理由や、タイミングについてわかりやすく解説していきます。 ウェルスナビ公式サイトからも、積立の重要性について確認できます。 ウェルスナ...
ウェルスナビ(WealthNavi)
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

・手数料は預かり資産の1%

・最低投資額は10万円~

・公式サイトから申し込むことで手数料キャッシュバック、積立特典、手数料割引(長期割)など限定特典あり

テオ(THEO)
THEO

・手数料は預かり資産の1%

・最低投資額は1万円~

・公式から申し込むことで限定特典あり

・人気No1ウェルスナビと比べられるほど優秀なロボアドバイザー

マネラップ(MSV LIFE)
MSV LIFE

・手数料は預かり資産の1%

・最低投資額は1,000円~

・ウェルスナビ、テオと比べて低コストで始められる

スポンサーリンク