【WealthNavi(ウェルスナビ)】オススメのリスク許容度と選ぶときの注意点

ロボアドバイザー

スポンサーリンク

ロボアドバイザー、WealthNavi(ウェルスナビ)にはリスク許容度が1~5の5段階あります。

今回、リスク許容度別の運用成績の比較や、リスク許容度を変更する方法を公開しています。

 

結論からいうと、「最短1分・無料診断(全6問)」で出た診断結果が、あなたにオススメするリスク許容度です。

 

運用開始前にも何度でも診断することもできます。

ですが、運用開始後にリスク許容度を何度も変更するとかえってパフォーマンスが悪くなる場合があるため注意が必要です。

 

実際にWealthNavi(ウェルスナビ)に入金する前と後、どちらでもリスク許容度を決めることができますが、

リスク許容度を決めて、自分の資産がどのような変化をするか確認してから、入金することをオススメします。

 

ウェルスナビ公式サイトでリスク許容度を確認するWEALTHNAVI(ウェルスナビ)

ウェルスナビ無料診断はこちら

スポンサーリンク

 

ウェルスナビの「リスク許容度」とは、あなたがどのくらい耐えれるかの目安

WealthNavi(ウェルスナビ)のリスク許容度は1~5の5段階あります。

わかりやすく言うと、

あなたは、どのくらいのマイナスまで耐えれますか?

という数字です。

 

例えばあなたが10万円をWealthNavi(ウェルスナビ)に預け、1万円損をしまい日常生活に支障をきたすほど動揺したとします。

そうすると、今のリスク許容度があなたに合っていない(高すぎる)ということになります。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)を運用開始する前にリスク許容度を決める必要があり、

あなたに合ったリスク許容度をWealthNavi(ウェルスナビ)が診断してくれます。

診断は無料で、WealthNavi(ウェルスナビ)運用開始前でも診断してくれます。

WealthNavi(ウェルスナビ)で無料診断する

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)ウェルスナビ無料診断はこちら

なぜリスク許容度を決めるのか

ロボアドバイザーでは基本的に投資元本がゼロになることはありません。

ですが、「投資元本がなくなっても生活に影響がない」「どれだけマイナスになっても気持ち、気分的に問題ない」

といった判断方法でリスク許容度を決めてから、運用開始する必要があります。

 

リスクを取ってでも、稼ぎたい(リターン)を得たいなら、リスク許容度を高めに設定し、

リスクをなるべく抑えたいなら、リスク許容度を低めに設定することで、

あなたに合ったリスク許容度を選ぶことができます。

 

ですが、相場に影響されて短期間でリスク許容度を変更することはオススメしません。

短期間でリスク許容度を変更すると、かえって資産運用のパフォーマンスが悪くなる場合があります。

 

ウェルスナビのリスク許容度別の比較

あなたの資産額に合ったリスク許容度を選び、リスク許容度は頻繁に変更するべきではないと説明しました。

ですが、WealthNavi(ウェルスナビ)の無料診断で出たリスク許容度の結果以外の実績も気になりますよね?

 

WealthNavi(ウェルスナビ)は運用開始前でも、無料でリスク許容度1~5のシミュレーション結果を見ることができます。

以下では2008年に100万円投資し、2018年3月まで毎月1万円積立をしたシミュレーション結果を比較していますが、

あなたの好きなように数字を設定してシミュレーション結果を出すこともできます。

 

リスク許容度別の比較まとめ

2018年3月時点最大損失
リスク許容度137.57%-27.77%
リスク許容度250.63%-33.48%
リスク許容度356.62%-39.38%
リスク許容度461.22%-44.20%
リスク許容度560.99%-47.32%

一番利益の出るのは「リスク許容度4」の61.22%(+135.9万円)、

二番目に利益が出るのは「リスク許容度5」の60.99%(+135.4万円)でした。

 

資産が一番減ったときの状態が「リスク許容度5」の-47.32%(-53万円)です。

 

そしてリスク許容度1~5のどれを選んでも、リーマンショック(2008年9月)の影響もあり

約2年3ヶ月ものあいだ、利益が出ることはありませんでした。

逆にいえば利益が出始めた時期も重なり、最大になった時期もアベノミクス効果があった2015年5月付近でした。

結論として、長期投資することでリスク許容度のどれを選んでも利益は出るという結果になりました。

 

ウェルスナビのリスク許容度(ポートフォリオ)を変更する方法

WealthNavi(ウェルスナビ)のリスク許容度(ポートフォリオ)は簡単に変更することができます。

参考:

ウェルスナビのリスク許容度を変更する方法

ですが、短期間でリスク許容度を変更することはオススメしません。

短期間でリスク許容度を変更すると、かえって資産運用のパフォーマンスが悪くなる場合があります。

リスク許容度の変更は、1年に程度にしておくことをオススメします。

 

ウェルスナビのリスク許容度のオススメ

WealthNavi(ウェルスナビ)」は投資初心者や時間がない人にオススメです。

リスク許容度を決められない場合、

最短1分・無料診断(全6問)

で出た診断結果にしたがうことを強くオススメします。

長期投資運用前提のウェルスナビですが、私も運用して実績公開しています。

【2018年最新】ウェルスナビは評判通り?運用実績まとめ!1000万円投資した結果
「WealthNavi(ウェルスナビ)」は2018年8月に、預かり資産1000億円を突破しました。 早い人で2016年11月から運用していますが、実際の運用成績はどうなのか気になりますよね? 結論、1年以上運用を続けてい...

最後に

【WealthNavi(ウェルスナビ)】デメリットとセキュリティ対策について
私自身、WealthNavi(ウェルスナビ)を利用していますし総合的にみて満足しています。 ですが、デメリットはありますし金融商品、投資である以上リスクは避けられません。 リスクヘッジ(危険回避)のためデメリットを受け入れ、長期...
【Q&Aまとめ】WealthNavi(ウェルスナビ)の入金・出金方法とタイミング
この記事では、ウェルスナビで運用開始した後の入金、出金する方法、タイミング、について徹底的に解説しています。 入金のタイミングは、入金した方法によって変わり、 出金のタイミングも同様に、出金依頼したタイミングによって変わ...
【Q&Aまとめ】ウェルスナビの手数料は高い?計算方法や税金について
ウェルスナビの基本手数料は1%ですが、高いと感じる人、妥当だと感じる人がいます。 手数料自体はかわらないはずですが、この違いは何なのでしょうか? 結論、 ウェルスナビに頼らず自分で投資信託ができる人には、高いと感じ、 自分...
【Q&Aまとめ】ウェルスナビは積立するべき?金額やタイミング 徹底解説
結論、 ウェルスナビで運用するなら 積立するに越したことはないです。 積立を行う理由や、タイミングについてわかりやすく解説していきます。 ウェルスナビ公式サイトからも、積立の重要性について確認できます。 ウェルスナ...
【Q&Aまとめ】ウェルスナビのDeTAXとリバランス効果、タイミング徹底解説
リバランスは年末にするべき、年1回で十分、一部売却して新たに購入など・・・。 よくわからないですよね? 投資信託において、リバランスをしなければ利益が小さくなったり、自分の思っていた資産運用とかけ離れたものになってしまいます ...
ウェルスナビ(WealthNavi)
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

・手数料は預かり資産の1%

・最低投資額は10万円~

・公式サイトから申し込むことで手数料キャッシュバック、積立特典、手数料割引(長期割)など限定特典あり

テオ(THEO)
THEO

・手数料は預かり資産の1%

・最低投資額は1万円~

・公式から申し込むことで限定特典あり

・人気No1ウェルスナビと比べられるほど優秀なロボアドバイザー

マネラップ(MSV LIFE)
MSV LIFE

・手数料は預かり資産の1%

・最低投資額は1,000円~

・ウェルスナビ、テオと比べて低コストで始められる

スポンサーリンク