マメタスのキャンペーン、メリット、デメリット、使い方

マメタス ロボアドバイザー

スポンサーリンク

2017年5月からおつりで資産運用できる「マメタス」サービスが始まりました。

海外では既に「Aconrs」や「Moneybox」など普及していて日本でも類似サービスに「トラノコ」があります。

WealthNavi(ウェルスナビ)を利用してるけど「積立投資するほど余裕がない」という方にオススメです。

【Q&Aまとめ】ウェルスナビは積立するべき?金額やタイミング 徹底解説
結論、 ウェルスナビで運用するなら 積立するに越したことはないです。 積立を行う理由や、タイミングについてわかりやすく解説していきます。 ウェルスナビ公式サイトからも、積立の重要性について確認できます。 ウェルスナ...

スポンサーリンク

マメタスとは?

特徴

おつりで資産運用できる「少額積立」のスマホアプリで、フィンテックを利用した資産運用サービスのひとつです。

主に以下の機能を持っています。

・毎日のクレジットカード等での買い物の「おつり」が、ロボアドバイザーにより資産運用されます。

・「おつり」の金額は、100円・500円・1000円の端数から選択可能です。

・毎月1回、貯まった「おつり」を銀行口座から自動的に引き落とし資産運用を行います。

・資産運用は、ロボアドバイザー「WealthNavi」が行います。

 

マメタスの始め方

質問者

マメタスをダウンロードしたらおつりで資産運用できますか?

おつりで資産運用を開始するためには、以下の準備が必要になります。

1.マメタスをダウンロード、ユーザー(メールアドレス)登録を行う

2.「WealthNavi」または「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」で自動積立を設定

3.1万円以上入金する

4.家計簿アプリ「Moneytree」のアカウント登録

 

おつりがWealthNavi口座に入金される仕組み

マメタスでは毎月1回貯まった「おつり」を銀行口座から自動的に引き落とします。

毎月1回の引落は、以下のスケジュールで行われます。

1.「おつり」の確定:引落日(毎月26日)の10営業日前
・この時点でマメタスに反映されている「おつり」の明細が引き落とし対象になります。
・自動積立の引き落とし予定額と「おつり」の合計が1万円以上になるまで、引き落としされません。2.「おつり」の引落日:毎月26日(休日の際は翌営業日)3.ウェルスナビ口座へ入金:引落日から5営業日後の正午ごろ

WealthNavi(ウェルスナビ)の最低投資額は10~30万円ですが、マメタスから資産運用を開始する場合、1万円から資産運用が可能です。

 

マメタスのメリット

サクッと投資

マメタスは、ロボアドバイザー「ウェルスナビ」が資産運用してくれます。

流動性が高く、安定性のある海外ETFに普段の買い物のおつりで分散投資が可能になります。

証券会社から海外ETFを購入しようと思ったら、手間も手数料もかかってしまいます。

その点、マメタスは普段買い物をしているだけでスマホからサクッと投資できます。

資産運用したことない、という方でも日常生活の中で資産運用を行ってくれるため長期的な安定した投資が可能です。

 

3段階の設定が可能

おつりの金額設定は、「100円・500円・1,000円」の3段階から選択可能です。

例えば、150円の商品をクレジットカードで支払った場合、

設定おつり(マメタス)
100円50円
500円350円
1,000円850円

「おつり(マメタス)」の金額分マメタスに貯まります。

設定した硬貨(紙幣)のみで支払い、その分のおつりが貯まっていくイメージです。

クレジットカードの支払い一回ごとに「1円~999円」のおつりになり、1ヶ月間のおつりの合計でウェルスナビ(マメタス)による投資が行われます。

 

手数料無料

マメタスの手数料は無料です。

マメタス」や家計簿アプリ「Moneytree(マネーツリー)」の維持費、登録費など、一切費用はかからず無料利用できます。

ですが、以下の維持費などがかかってきます。

・「WealthNavi」または「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」での最低投資額(1万円~)

WealthNaviの年間手数料1%

・自動積立費(月1万円以上)

年間手数料以外はWealthNavi(ウェルスナビ)によって運用されるため、

維持費というより「投資」目的で一時的に預けておく、運用してもらうといった方が正しいですね。

マメタスを利用せず、WealthNaviのみ運用しようとしたら

WealthNavi」では最低投資額10万円~、「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」では最低投資額30万円~

必要になってしまいます。

「10万円もすぐ用意できない」「ロボアドバイザーを体験してみたい」という方はマメタスからのスタートだと安く運用できます

 

いつでも解約できる

マメタスはやめたいときにいつでもやめることができます。

解約には以下の手順が必要です。

1.マメタスにログインして、おつりの明細をすべて削除

2.Moneytreeにログインして、連携されているサービスからマメタスを解除

3.マメタス、Moneytreeを削除

 

マメタスのデメリット

初期費用がかかる

マメタスを利用するには、WealthNaviの最低投資額(マメタスから運用開始する場合1万円~)、自動積立費(月1万円以上)必要です。

つまり、マメタスをはじめるには年間合計13万円以上(1ヶ月10,833円)必要です。

 

引き落とし額が決まっていない

マメタスの仕様上、クレジットカードのおつりで投資運用額が決定します。

毎月投資する金額が決まっていないため「自分の思っている以上投資してしまう」「少ない金額しか運用できなかった」といったことが起こります。

1ヶ月間、決まった金額を投資したい場合、WealthNavi(ウェルスナビ)のみを利用したほうがいいでしょう。

WealthNavi(ウェルスナビ)公式ページへ 」

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

 

「ウェルスナビ for 住信SBIネット銀行」専用、マメタス即時振替

マメタスは「WealthNavi(ウェルスナビ)」「ウェルスナビ for 住信SBIネット銀行」のどちらかで利用することができます。

2018年2月6日から、ウェルスナビ for 住信SBIネット銀行」のみマメタス即時振替を利用できるようになりました

マメタスは月に一度、積み立てた「おつり」をまとめてウェルスナビ口座に入金しますが、「マメタス即時振替」を使えばいつでも運用預金を追加できます。

入金開始入金手順入金完了
入金(既存のクイック入金)ログイン振込手続きの説明・確認出金口座確認振込内容確認振込内容確認・実行クイック入金完了
マメタス即時振替1ステップで完了マメタス即時振替完了

既存のクイック入金だと、何度もクリックが必要ですが即時振替を利用することで1ステップで振込が完了します。

更に、マメタスから「ウェルスナビ for 住信SBIネット銀行」へ入金すれば、1万円から資産運用が始められます

 

スポンサーリンク