【WealthNavi(ウェルスナビ)】デメリットとセキュリティ対策について

ロボアドバイザー

スポンサーリンク

私自身、WealthNavi(ウェルスナビ)を利用していますし総合的にみて満足しています。

ですが、デメリットはありますし金融商品、投資である以上リスクは避けられません。

リスクヘッジ(危険回避)のためデメリットを受け入れ、長期投資をしていくことが大切です。

 

ウェルスナビ公式サイトでセキュリティ対策を確認するWEALTHNAVI(ウェルスナビ)

ウェルスナビ無料診断はこちら

スポンサーリンク

ウェルスナビのデメリット

最低投資費用がかかる

WealthNavi(ウェルスナビ)では10万円入金して初めて運用開始されます。

今までは最低投資費用が30万円からで、10万円では最適なポートフォリオを組むことはできませんでした。

なぜならETFは1株単位の取引で、ETFごとに最低投資額が決まっているため適正比率でETFを購入できず結果、最適なポートフォリオを組めませんでした。

ですが、端株取引という仕組みにより1株に満たない1000分の1(0.001株)単位で端株を取引できるようになり10万円でもWealthNavi(ウェルスナビ)を始めることができるようになりました。

積立投資機能により、10万円を一度に入金しなくてもWealthNavi(ウェルスナビ)にお金を預けることができます。

そして10万円を上回ったときに初めて自動運用が開始されます。

WealthNavi(ウェルスナビ)公式ページへ

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

ウェルスナビ無料診断はこちら

NISA非対応

NISA口座だと、利益に対して税金が取られませんが、WealthNavi(ウェルスナビ)はNISAに対応していません。

WealthNavi(ウェルスナビ)は最低投資額の設定があること、年2回のリバランス機能の2点から、

年間累計買付金額がNISAの上限の120万円を超えることが多いと想定されているため、NISAの利用ができません。

また、他社ロボアドバイザーでもNISAの利用ができません。

 

短期で利益は出しにくい

ロボアドバイザーでは長期投資前提のサービスです。

そのため、FXなどのように短期で大きな利益を出すことはできませんが、元本以上損をすることもありません。

元本割れのリスクと同様に、長期投資でリスクを減らして運用していきましょう。

 

元本割れのリスク

NISAもですが、WealthNavi(ウェルスナビ)には元本保証はありません。

私もまだ投資開始から数ヶ月しか経ってませんが、一時期5%以上のマイナスでした。

【2018年最新】ウェルスナビは評判通り?運用実績まとめ!1000万円投資した結果
「WealthNavi(ウェルスナビ)」は2018年8月に、預かり資産1000億円を突破しました。 早い人で2016年11月から運用していますが、実際の運用成績はどうなのか気になりますよね? 結論、1年以上運用を続けてい...

 

2008年に起こったリーマン・ショックでは、世界経済は大きな打撃を受け、株式相場も急落しました。

S&P500指数(配当込)では2008年に大暴落しましたが2009年前半に底をうち、2011年はじめにはリーマン・ショック前の水準に戻りました。

S&P500指数は暴落し、元の水準まで戻っただけですが、同じ期間(同指数)に毎月500ドルを積立投資していた場合、最終的な評価額は投資額累計よりも23.5%利益が出ていたことになります。

リーマン・ショック後の大幅な円高により、S&P500指数は円建てで見た場合、もとに戻らず暴落(約-23%)したままでした。

S&P500指数円建てで見た場合、元に戻らず暴落したままでした。

ですが、同じ期間(同指数)に毎月5万円ずつ積立投資していた場合、最終的な評価額は投資額累計よりも8.5%の利益が出ていたことになります。

このような定期定額投資を「ドルコスト平均法」といいます。

株価が下落した場合、安く株を購入できるため、その後株価が下落前まで回復しただけでも利益が出ます。

つまり、元本割れのリスクを軽減するために、長期投資、積立投資がオススメです。

 

為替変動リスク

WealthNavi(ウェルスナビ)では、海外ETFで投資を行ってくれます。

為替相場の影響を受けるため、WealthNavi(ウェルスナビ)では「円建て」「ドル建て」で利益が変わってきます。

なるべく円高のときや、相場が下落したときにWealthNavi(ウェルスナビ)を始めたいところです。

ですが、この先の為替相場を当てるのはプロでも困難です。

実際、これから円安、円高になるタイミングがわかるなら誰でも短期売買、デイトレードなどで爆益しているでしょう。

 

11月8日以降、米国大統領選開票開始後、円高。その後、トランプ氏勝利による円高は一時的で、その後は予想外の円安(下記参照)

 

2016年11月のアメリカ大統領選の相場の動きをみると、プロの投資家の間でも「トランプ氏が当選すると急激な円高、株価の暴落が起こる」と言われていました。

トランプ氏が当選すると、一時的な円高株安になりましたが、その後大きく円安になり、株価も大きく上昇しました。

過去の事例からも、将来の相場動向は誰にもわからない、と考えておきましょう。

じゃあ始めるタイミングはいつがいいの?

 

円高を待っても、円安に動いたり、株価上昇することもあります。

結局待っても、今よりも不利な時期にはじめてしまったり、いつまで経っても投資を始められません。

短期売買、デイトレードをするなら相場の動きの見極めが必要ですが、長期投資(ウェルスナビ)の場合はまずは始めることがリスクを減らす方法です。

でもやっぱり投資はハードルが高い

 

そんな方には、投資予定額を複数回に分けて投資する「積立投資」をオススメします。

WealthNavi(ウェルスナビ)では自動的に毎月一定額を銀行口座から引き落としする自動積立機能があります。

積立機能により、最低投資額に満たなくても入金することができます。

そして最低投資額を上回ったときに投資が開始され、毎月の入金の手間も入金手数料もかかりません。

更に、時間経過とともに少しずつ崩れてゆく資産配分を最適な状態に戻すリバランス効果もあります。

 

リスク

倒産リスク

もしもウェルスナビが倒産しても自分の資産は守られ、戻ってきます

日本投資者保護基金との契約により、1,000万円まで補償、返金されます(ペイオフ)。

1,000万円以上入金の予定のない人は、全額返金されるので安心ですね。

価格変動リスク

ETFの価格は実質的な投資対象である株式、債券、コモディティ(金など)などに応じて大きく変動し、その結果として損失が生じ、元本割れする場合があります。

また、海外ETFに関しては、通貨発行国の金利の変化などにより生じる海外為替相場の変動を原因とした損失が生じ、元本割れする場合があります。

 

信用リスク

ETFを通じて間接的に債券を保有する場合など、債券を発行した企業などの財務状況の悪化などにより損失を被る可能性があります。

 

流動性リスク

ETFを売買する投資家が少ない場合など、取引したいしたいときに取引できない、もしくは正常な価格で取引できない可能性があります。

 

理論価格との乖離

ETFは取引所で取引されるためその需給の状況によって取引価格は常に変動します。

この取引価格は、ETFの実質的な投資対象の値動きから計算される「理論価格」から乖離(かいり)する可能性があります。

 

上場廃止

ETFの純資産額が十分でない場合など、運用会社がETFの運用を繰り上げて終了させる可能性があります。

 

市場急変時の対応

質問者
大暴落したときなどどのように対応するの?

WealthNavi(ウェルスナビ)」では長期保有を前提とした投資を推奨しており、短期的な相場変動を受けての運用方針の変更などは原則として行わない方針ですが、 市場急変時などの状況に応じて、ユーザーへの情報提供を適切なタイミングで行う予定です。

 

 

手数料が高い

WealthNavi(ウェルスナビ)のサービスを利用するために支払う手数料は預かり資産額の評価額の1%(年率、消費税別)です。

そして、ETF経費率(維持・管理費)として、リスク許容度別で年率0.10%~0.14%手数料がかかります。

【WealthNavi(ウェルスナビ)】オススメのリスク許容度と選ぶときの注意点
ロボアドバイザー、WealthNavi(ウェルスナビ)にはリスク許容度が1~5の5段階あります。 今回、リスク許容度別の運用成績の比較や、リスク許容度を変更する方法を公開しています。 結論からいうと、「最短1分・無料診断...
ETF経費率リスク許容度10.14%
リスク許容度20.11%
リスク許容度30.10%
リスク許容度40.11%
リスク許容度50.11%

WealthNavi(ウェルスナビ)の1%の手数料の中には為替手数料、買付手数料、売買委託手数料、為替スプレッドなど含まれています。

ロボアドバイザーを使わず、自分で投資するには100万円ほど用意しないと、手数料が高くついてしまいます。

それなら、買付から売却、さらにリバランスまで行ってくれるWealthNavi(ウェルスナビ)の手数料は高いとは思いません。

 

セキュリティ

 

ウェルスナビに不測の事態

ウェルスナビにもしものことがあったら、あなたの資産は守られる?

WealthNavi(ウェルスナビ)」にもしものことがあってもユーザーの資産に影響が及ばないよう、法令に基づいて当社の資産とは明確に分けて保管しています。

現金は全て三井住友銀行及びみずほ信託銀行の信託口座にて保管され、ETFは米国の保管機関(DTC)にて分別管理されています。

 

マイナンバー

マイナンバーを教えるのは不安です・・・

2016年1月より銀行口座や証券口座の新規開設にあたっては、税法上、マイナンバーの確認が求められるようになりました。

金融機関は、お客様よりマイナンバーの提示を頂いた上で、画像またはコピーを少なくとも5年間、保存する義務があります。

税務当局に提出する法定書類に記載します。

詳しくは、全国銀行協会や日本証券業協会の下記リンクをご覧ください。

全国銀行協会:マイナンバー提示のお願い

日本証券業協会:マイナンバー提示のお願い

ウェルスナビを始めるには「運転免許証と個人番号通知カード」または「マイナンバーカード」のどちらかを選択する必要があります。

 

個人情報漏洩対策

質問者
情報漏洩対策はどうしてる?

ユーザーの個人情報は暗号化されており、厳格に管理・運用しています。

特にマイナンバーに関しては、常に施錠され監視カメラを設置した管理区画にて取り扱っています。

WealthNavi(ウェルスナビ)公式ページへ

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

ウェルスナビ無料診断はこちら

まとめ

質問者
ウェルスナビを始めたいけど、10万円も用意できない・・・。
積立投資を行うことにより10万円未満でも入金でき、10万円を上回ったときに自動で運用をしてくれます。
質問者
NISA口座で運用したい。
ウェルスナビをはじめ、ロボアドバイザーはNISAに対応していません。
質問者
1ヶ月ぐらいで爆益できる?
長期投資前提のサービスのため、短期で利益を出すのは難しいです。
質問者
元本保証される?
元本保証されません。長期投資運用で利益を出していきましょう。
質問者
為替リスクはどうする?
まずは投資を始めることがリスクヘッジとなります。または積立投資で自分のペースで運用しましょう。
質問者
倒産したらどうなる?
1,000万円までは返金されます。
質問者
手数料が高い・・・
自分でETFを購入、運用しようとすると、自己投資額の1%以上手数料が取られる可能性もあります。

最後に

【WealthNavi(ウェルスナビ)】オススメのリスク許容度と選ぶときの注意点
ロボアドバイザー、WealthNavi(ウェルスナビ)にはリスク許容度が1~5の5段階あります。 今回、リスク許容度別の運用成績の比較や、リスク許容度を変更する方法を公開しています。 結論からいうと、「最短1分・無料診断...
【Q&Aまとめ】WealthNavi(ウェルスナビ)の入金・出金方法とタイミング
この記事では、ウェルスナビで運用開始した後の入金、出金する方法、タイミング、について徹底的に解説しています。 入金のタイミングは、入金した方法によって変わり、 出金のタイミングも同様に、出金依頼したタイミングによって変わ...
【Q&Aまとめ】ウェルスナビの手数料は高い?計算方法や税金について
ウェルスナビの基本手数料は1%ですが、高いと感じる人、妥当だと感じる人がいます。 手数料自体はかわらないはずですが、この違いは何なのでしょうか? 結論、 ウェルスナビに頼らず自分で投資信託ができる人には、高いと感じ、 自分...
【Q&Aまとめ】ウェルスナビは積立するべき?金額やタイミング 徹底解説
結論、 ウェルスナビで運用するなら 積立するに越したことはないです。 積立を行う理由や、タイミングについてわかりやすく解説していきます。 ウェルスナビ公式サイトからも、積立の重要性について確認できます。 ウェルスナ...
【Q&Aまとめ】ウェルスナビのDeTAXとリバランス効果、タイミング徹底解説
リバランスは年末にするべき、年1回で十分、一部売却して新たに購入など・・・。 よくわからないですよね? 投資信託において、リバランスをしなければ利益が小さくなったり、自分の思っていた資産運用とかけ離れたものになってしまいます ...
ウェルスナビ(WealthNavi)
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

・手数料は預かり資産の1%

・最低投資額は10万円~

・公式サイトから申し込むことで手数料キャッシュバック、積立特典、手数料割引(長期割)など限定特典あり

テオ(THEO)
THEO

・手数料は預かり資産の1%

・最低投資額は1万円~

・公式から申し込むことで限定特典あり

・人気No1ウェルスナビと比べられるほど優秀なロボアドバイザー

マネラップ(MSV LIFE)
MSV LIFE

・手数料は預かり資産の1%

・最低投資額は1,000円~

・ウェルスナビ、テオと比べて低コストで始められる

スポンサーリンク