【3分登録】THEO(テオ)に口座開設、登録する方法!入金方法と注意点(デメリット)

THEO ロボアドバイザー

スポンサーリンク

今回THEOの口座開設方法と、知っておいてほしいデメリットをまとめました。

実際のTHEO(テオ)の口コミ、運用実績はこちらの記事からどうぞ。

THEO(テオ)の手数料|リスクと運用実績 2018
利用するロボアドバイザーをお考えですか?ロボアドバイザーは投資初心者に人気でオススメの投資方法です。THEOは実際に利益が出るのか?リスクの取り方は?THEOに関する基本的な情報をまとめました。

スポンサーリンク

 

THEO(テオ)を口座開設する前に必要なもの

口座開設はスマートフォン(タブレット)、パソコンどちらからでも行え、オンライン上ですべて完結します。

口座開設費、維持費は無料です。

メールアドレスと本人確認書類、マイナンバーを用意すると、わずか3分で口座開設申し込みはすべて完結します。

 

THEO(テオ)のデメリット・注意点

10万円以下だと出金できない

THEOは1万円から投資することができます。

ですが、出金後のTHEO(テオ)の口座の自分の資産額が10万円を下回る範囲で出金することはできません。

つまり最低10万円預けている状態をキープしておかなければ出金できません。

なぜ最低10万円は口座に必要かというと、

10万円を下回ると、購入できるETFの数が限定され、期待する分散投資効果が得られない場合があるためです。

自分の口座の残高が10万円を下回っていて、出金したい場合はTHEOの口座を解約する必要があります。

 

THEO(テオ)の口座開設する手順

手順1.資産運用診断

まず最初に「年齢、年収、貯金額、金融資産額、THEO開始予定額」の質問に答えます。

この結果によって、あなたのTHEOによる運用方法が決定します。

結果が気に入らない場合、自分だけのカスタマイズをすることもできるので、気軽に入力しましょう。

 

「結果を見る」をクリックすると、

・預金額でTHEOをはじめ、さらに毎月の貯金額を積立した場合
・預金額を定期預金に預け、さらに毎月の貯金額も定期預金に預けた場合

の比較図を出してくれます。

(三菱UFJ銀行の定期預金金利を使用して算出しています)

 

手順2.ユーザー登録

手順2-1.メールアドレス、パスワード登録

メールアドレスを入力して、登録します。

メールアドレスを登録したら、メールが到着します。

メールを受信したら「メールアドレスを認証する」をクリックして、パスワードを設定します。

 

手順2-2.個人情報登録

名前、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、職業、投資経験、THEOを知った経緯など個人情報を入力します。

名前、住所は後ほど登録する本人確認書類と一致するものを入力します。

 

手順2-3.同意および証券口座種別選択

米国籍ではないこと、日本国内に居住していることに同意します。

海外在住の方はTHEOに登録できないので注意です。

開設する口座の種別を「特定口座(源泉徴収あり)」または「特定口座(源泉徴収なし)」を選択します。

「特定口座(源泉徴収あり)」だと、確定申告は必要ありません。

後々ラクなので「特定口座(源泉徴収あり)」にしておくことをオススメします。

手順3.本人確認書類の提示

本人確認のため、書類をアップロードします。

・マイナンバーカード
・マイナンバー通知カード+運転免許証(または各種証明書)
・マイナンバー記載住民票+運転免許証(または各種証明書)

のいずれかが必要になります。

投資初心者の方は、他でも口座開設する機会も多くなってきますから、あらかじめ運転免許証の表裏を撮って保管しておくとスムーズに口座開設できます。

 

手順4.書類の到着

口座申し込みが終わると、THEOの審査完了まで約3営業日程度かかります。

本人確認のためのハガキが書留で郵送されます。

ハガキが到着したら、口座開設の際に登録したメールアドレスにメールが届きます。

そして、THEOの口座に入金すれば、買い付けされていよいよ運用が始まります。

 

THEO(テオ)の入金方法

THEOに入金するには、

・銀行振込
・THEO積立
・クイック入金

の3種類が存在します。

最低投資金額は10,000円以上となり、資金が1万円以上になるまで運用は開始されません。

「積立しながら、お金に余裕ができたら銀行振込で自分の好きなタイミングで入金」など、

併用も可能です。

THEO(テオ)に「銀行振込」で入金する

「入金・積立」メニューに記載されている入金先口座へ振り込むとTHEOの自分の口座に入金されることになります。

15時までに振込すると、最短17時までにTHEOの自分の口座へ反映されます。

振込手数料は自己負担なので、注意が必要です。

 

振込手数料が無料になる銀行などを利用して入金すると無駄がなくなります。

振込手数料が無料になる銀行は、代表的なものだと「住信SBIネット銀行」です。

 

THEO(テオ)に「THEO積立」で入金する

決まった日に決まった金額を自動入金してくれます。

毎月、あるいは自分で選択した月に最低10,000円から1,000円刻みで設定できます。

ロボアドバイザーをいつ始めたらいいか迷っているなら、積立がオススメです。

設定すると、毎月5日(休日の場合は翌営業日)に自動的に引き落としされてTHEOの自分の口座へ入金されます。

THEO積立による入金手数料は無料です。

 

THEO(テオ)に「クイック入金」で入金する

2018年4月現在、「THEO」「THEO+SBI証券」「THEO+住信SBIネット銀行」「THEO+JAL」で利用できます。

あなたがインターネットバンキング口座を持っていれば、24時間利用可能です。

THEOのクイック入金を利用すれば、入金額が即反映され、入金手数料も無料です。

 

ウェルスナビ(WealthNavi)
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

・手数料は預かり資産の1%

・最低投資額は10万円~

・公式サイトから申し込むことで手数料キャッシュバック、積立特典、手数料割引(長期割)など限定特典あり

テオ(THEO)
THEO

・手数料は預かり資産の1%

・最低投資額は1万円~

・公式から申し込むことで限定特典あり

・人気No1ウェルスナビと比べられるほど優秀なロボアドバイザー

マネラップ(MSV LIFE)
MSV LIFE

・手数料は預かり資産の1%

・最低投資額は1,000円~

・ウェルスナビ、テオと比べて低コストで始められる

スポンサーリンク