【ドコモユーザー必見】THEO+docomoのメリット、THEOとの違いは?|dポイントでおつり投資

THEO+docomoロボアドバイザー

スポンサーリンク

docomoがロボアドバイザーTHEOと提携した「THEO+docomo」。

 

本家THEO(以下THEO)にはないメリットとして、THEO+docomoならdポイントが付与されたり、おつり積立サービスが利用できます。

THEO+docomoで100万円運用すると150円(dポイント)付与されます。

THEOだと、今だけ夏のキャンペーンにより5000円キャッシュバックされます。

 

結論として、docomoを利用している方はTHEO+docomoを。

資産運用なら【THEO+[テオプラス] docomo】

 

docomo以外を利用している方はTHEOで申し込みましょう。

スポンサーリンク

おさらい|THEOとは

THEO(テオ)とは、株式会社お金のデザインが運営するロボアドバイザーサービス。

1万円から資産運用でき、自動で運用してくれるため、

忙しい人向けの投資信託サービスです。

THEO(テオ)の手数料|リスクと運用実績 2018
利用するロボアドバイザーをお考えですか? ロボアドバイザーは投資初心者に人気でオススメの投資方法です。 THEOは実際に利益が出るのか?リスクの取り方は? THEOに関する基本的な情報をまとめました。

 

THEO+docomoとは

THEO+docomoとは、

2018年5月16日から始まったdocomoユーザー向けのロボアドバイザーです。

 

「THEO」と「THEO+docomo」の違いは?

THEOとTHEO+docomoの違いは、期間限定のキャンペーンがあったり、

THEO+docomoではお釣り投資ができることです。

 

運用方法、手数料など基本的なサービス面に違いはありません。

THEOで複数口座を持つことはできないため、

THEO」か「THEO+docomo」で申し込む必要があります。

 

THEO+docomoのみのサービス

THEO+docomoで申し込むメリットを解説していきます。

THEO+docomoは、dポイントが付与される

あなたがドコモの回線を使っているなら、預かり資産額1万円につき毎月dポイントが1.5P付与されます。

(ドコモ回線以外だと、1ポイント付与)

 

THEO+docomoは1万円から運用できますが、

THEO+docomoに100万円入金、運用していた場合、単純計算で1年間1800ポイント付与されます。

 

THEO+docomoでおつりを積立投資できる

2018年7月からTHEO+docomoのおつり積立サービスが開始されました。

 

THEO+docomoだと、dカードを利用することでおつり積立できます。

おつり積立とは、毎月カード決済した金額の端数を「おつり」に見立てて積み立てる仕組みです。

 

例として、おつり積立を500円に設定、dカードで350円の買い物をした場合、

差額の150円がおつりとしてTHEO+docomoに積立されます。

国内でのおつり投資サービスは「トラノコ」「マメタス」の2種類があります。

【未成年でも稼ぐ】トラノコの魅力・評判・デメリットは?
トラノコは、クレジットカードや電子マネーのおつりで投資できるサービスです。 類似サービスに国内ではマメタスがあります。 マメタスとWealthNavi(ウェルスナビ)をウェルスナビ株式会社が運営しています。 未成年に対応し...
マメタスのキャンペーン、メリット、デメリット、使い方
2017年5月からおつりで資産運用できる「マメタス」サービスが始まりました。 海外では既に「Aconrs」や「Moneybox」など普及していて日本でも類似サービスに「トラノコ」があります。 WealthNavi(ウェルスナビ)...

 

THEO+docomoはドコモ口座と連携できる

2018年7月からTHEO+docomoのドコモ口座連携サービスが開始されました。

 

ドコモ回線を使っているなら、ドコモ口座と連携することで、

THEO+docomoへの入金や、ドコモ口座に出金がワンクリックで行えるようになります。

 

ドコモ口座とは無料で申し込めて、簡単な登録や資料請求でポイントを貯めることができるサービスです。

ドコモ口座キャッシュゲットモール



THEO+docomoはdアカウントで簡単にログインできる

THEOとdアカウントを連携することで、

初期登録の申し込み、運用開始後のログインを簡単に行えます。

(THEOでも、公式アプリがありますし、簡単にログインできます)

 

 

THEOはどんな人に向いてる?3通りの選び方

THEOはdocomo以外にも、SBIや地方銀行とも提携しています。

他の提携サービスにもメリットはありますが、THEOをどの会社から始めようか迷っているなら、

THEOから申し込むことをおすすめします。

 

THEOと+docomoで迷っているならTHEO

THEO+docomoでは、dポイント還元や、おつり積立などキャンペーンを行っていますが、

THEOでも高金利なキャンペーンも行っています。

 

2018年7月のキャンペーンで比較すると、

THEOに100万円入金すると夏のキャンペーンにより5,000円キャッシュバック、

THEO+docomoに100万円入金すると毎月150円(dポイント)付与されます。

 

+docomoは毎月150円付与というメリットがありますが、5000円を埋めるためには30ヶ月以上かかってしまいます。

ドコモユーザーだとしても、THEOで申し込んだ方がお得に利用できます。

 

ロボアドバイザーTHEOを始めようか迷ってるなら

THEOや+SBI、+docomoで迷っているならTHEOで申し込むことをおすすめしてきました。

 

ですが、個人的にはロボアドバイザーを始めようか迷っているなら、

THEOよりもウェルスナビで始めることをおすすめします。

 

私もウェルスナビTHEOで迷っていましたが、ウェルスナビで運用を開始しました。

【ロボアドバイザー比較】ウェルスナビとTHEO(テオ)の手数料比較、運用実績公開あり
「WealthNavi(ウェルスナビ)」と「THEO」ですが、基本手数料が両者1%と同じということでよく比較されています。 結論として「WealthNavi(ウェルスナビ)」と「THEO」で迷っているなら 「Wealth...

 

THEOでは最低投資額が1万円、ウェルスナビでは10万円と違いがありますが、

長期投資目線で見ると、10万円を投資して利益を増やした方がお得にロボアドバイザーを利用できます。
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

 

まとめ

THEOと+SBI、地方銀行で迷っているならTHEO

 

THEOと+docomoで迷っているならTHEO

(docomoを利用している方はTHEO+docomoがおすすめ)

資産運用なら【THEO+[テオプラス] docomo】

 

人気No.1のウェルスナビもSBIなど多くの会社と提携していますが、

ウェルスナビで運用した方がお得に利用できます。

ロボアドバイザーを始めようか迷っているなら検討してみてください。

ウェルスナビforSBI証券の違いは?全8社を比較
ウェルスナビとSBI証券の違うところは、ログイン方法や必要な口座の種類が違います。 運用方針など基本的なサービス面に違いはありません。 結論として迷っていたら、ウェルスナビで始めることをおすすめ。 2018年8月現...
ウェルスナビ(WealthNavi)
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

・手数料は預かり資産の1%

・最低投資額は10万円~

・公式サイトから申し込むことで手数料キャッシュバック、積立特典、手数料割引(長期割)など限定特典あり

テオ(THEO)
THEO

・手数料は預かり資産の1%

・最低投資額は1万円~

・公式から申し込むことで限定特典あり

・人気No1ウェルスナビと比べられるほど優秀なロボアドバイザー

マネラップ(MSV LIFE)
MSV LIFE

・手数料は預かり資産の1%

・最低投資額は1,000円~

・ウェルスナビ、テオと比べて低コストで始められる

スポンサーリンク