【保険のロボアドバイザー】みんかぶ保険(自分の保険デザイン)とは?今後に期待!

スポンサーリンク

ロボアドバイザーはウェルスナビが有名ですが、海外ETFを取り扱うサービスです。

ETFではなく、2018年には遂に保険のアドバイスもしてくれるロボアドバイザーが開発されました。

結論として、まだ実用レベルではありません。

世の中の人がどんな保険に入ってるか?という平均値を知ることができ、登録も必要なく完全無料なので気軽に利用できます。

あなたの理想の保険選びに役立てば幸いです。

みんかぶ保険(自分の保険デザイン)公式サイトへ

スポンサーリンク

みんかぶ保険とは

「株式会社みんかぶ」「Japan Digital Design株式会社」によって運営されています。

 

みんかぶ保険は、ユーザーがロボアドバイザーを利用して、あなただけの保険設計書を作成し、保険代理店へ相談できます。

年齢や家族構成などの基本情報や、保険を選ぶ際の優先順位など、かんたんな質問に答えると、

加入期間や保険料目安、潜在的に持っている保険のイメージを可視化することができます。

 

みんかぶ保険の質問に答えるだけで、「将来どのくらい貯蓄が必要か」「将来の終始と支出のバランス」など

あなたにあった理想的な保険のデザインを教えてくれます。

 

みんかぶ保険の使い方

みんかぶ保険は、会員登録も必要なく無料で診断することができます。

・性別、年代、家族構成を選ぶだけの「かんたんにデザインする」タイプ

・個人情報を詳しく入力する「しっかりデザインする」タイプ

の2種類があるため、どちらかを選択します。

表示されたデザインはPDFで保存しておくこともできます。

かんたんにデザインする場合

性別は男性、女性、

年代は20代~50代、

家族構成は独身、既婚、既婚(子供あり)

から選択します。

ここから、あなた自身が亡くなった際に必要な死後整理資金の目安、あなたのニーズに基づくデザインなどが表示、計算されます。

 

しっかりデザインする場合

性別、年齢などの基本情報、職業や資産、家族と住宅ローンなど

「かんたんにデザインする」よりも詳細な情報を入力、選択します。

 

まとめ

ネットが普及した今の時代、「対面することなくネットで選んだ保険に加入するのが普通」、

とお思いの人もいるでしょう。

ですが、生命保険文化センターの調査(2015年)によれば、2010年から2015年にかけて民間保険に加入した人の中で、

インターネットを含む「通信販売」を加入チャネルとして選んだのは全体の5.6%でした。

この通信販売にはテレビ、雑誌も含まれているため、純粋にネットだけで保険に加入した人は全体のわずか2.2%という結果になりました。

 

同じ調査のなかで、保険の情報収集にテレビやネット、雑誌など「人を介さないチャネル」を使った人は全体の16.2%でした。

つまり、ネットやテレビで情報収集をしているが、結果として対面営業で保険に加入した人がいます。

やはりネットだけだと保険に加入するのは不安と感じ、対面営業を選んだということでしょう。

 

ロボアドバイザーだけで保険に加入する人はまだ少ないでしょうし、取り扱う保険商品のラインナップも少ないです。

保険のロボアドバイザーだけに頼らず、対面で直接聞くことも視野に入れてみてください。

 

最後に

みんかぶ保険は、みんかぶ自身が保険の代理店になっているわけではありません。

保険のデザインを決めても、保険商品選びはあなた自身で行う必要があります。

 

まだ実用レベルではありませんし、無料なので仕方ない部分もあるでしょう。

保険のロボアドバイザーは今後に期待し、資料請求や対面で保険選びをすることをオススメします。

 

スポンサーリンク