【ロボアドバイザー比較】おつり投資アプリ「マメタス」「トラノコ」を比較

マメタスとトラノコを比較 ロボアドバイザー

スポンサーリンク

日々のおつりで投資できるアプリは現在「マメタス」「トラノコ」の2種類しかありません。

それぞれ違ったメリット・デメリットがあるので、自分に合ったアプリで運用開始していきましょう。

マメタスのキャンペーン、メリット、デメリット、使い方
2017年5月からおつりで資産運用できる「マメタス」サービスが始まりました。 海外では既に「Aconrs」や「Moneybox」など普及していて日本でも類似サービスに「トラノコ」があります。 WealthNavi(ウェルスナビ)...
【未成年でも稼ぐ】トラノコの魅力・評判・デメリットは?
トラノコは、クレジットカードや電子マネーのおつりで投資できるサービスです。 類似サービスに国内ではマメタスがあります。 マメタスとWealthNavi(ウェルスナビ)をウェルスナビ株式会社が運営しています。 未成年に対応し...

スポンサーリンク

マメタス、トラノコの違い

運営、ツールの違い

マメタストラノコ
運営ウェルスナビ株式会社
住信SBIネット銀行
TORANOTEC株式会社
(TORANOTEC投信投資顧問)
出資(資本)提携企業先住信SBIネット銀行
など 他5社(ウェルスナビ含む)
ニッセイ・キャピタル株式会社
セブン銀行
など 他7社
投資口座
(この中からひとつ)
・ウェルスナビ
・ウェルスナビ for 住信SBIネット銀行
トラノコ
データ連携アプリ
(この中からひとつ)
・マネーツリー・トラノコおつり捕捉サービス
・マネーフォワード
・Zaim
・マネーツリー
対応端末・iOS
・android

ウェルスナビ株式会社では、No.1ロボアドバイザーの「ウェルスナビ」サービスが有名です。

対してトラノコでは、開発をTORANOTEC株式会社が行い、TORANOTEC投信投資顧問が運営、トラノコを主要事業としています。

 

利用料、手数料の違い

マメタストラノコ
月額利用料0円(無料)300円(税込)
(開始3ヶ月は無料)
出金手数料0円(無料)300円(税込)
(開始3ヶ月は無料)
運用手数料年率 /
0.5%~1.0%(預かり資産に応じて)
+ 0.10%~0.14%(ETF経費率)
年率 /
0.3%
+ 0.1%
+ 0.06%~0.1%

マメタス(ウェルスナビ)では、総合預かり資産額に応じて1%(3,000万円を超える場合0.5%)手数料がかかります。

加えて、ETFの維持・管理費として0.10%~0.14%(リスク許容度別)手数料がかかります。

マメタスは他に手数料は一切かからないため、とてもシンプルでわかりやすいので管理も楽に行えます

対して、トラノコでは利用手数料を含めると4種類もの手数料がかかります

月額利用料300円、純資産額の0.3%、監査費用等の手数料で最大0.1%(資産に応じて変動)、ETF売買手数料等で0.06%~0.1%と、比較してしまうと手数料が多くて管理が難しいのが難点です。

 

投資額の違い

マメタストラノコ
最低運用開始額1万円以上5円以上
おつり端数設定単位・100円
・500円
・1,000円

マメタス(ウェルスナビ)を利用する場合、1万円以上の入金と自動積立の申込が必要になります。

対して、トラノコでは5円以上1円単位から投資可能なので、低リスクです。

さらに、開始3ヶ月間は月額利用料、出金手数料も0円なのでノーリスクで投資を開始できます。

おつり端数設定単位は「マメタス」「トラノコ」に違いはありません。

質問者
投資に余裕がなくなったので、今回おつり投資をキャンセルしたい・・・
「マメタス」は投資したくないおつりがあった場合、明細から削除することでキャンセルできます。

トラノコもキャンセルはかんたんに行なえます。 

質問者
端数3種類どれを選べばいいかわからない・・・
「トラノコ」では投資判断の自動化ができます。

さらに、「予想以上に投資額が多くなってしまった・・・」という場合でも「トラノコ」なら安心です。

毎月の投資額上限を設定できるので、余裕を持った投資ができますし、逆におつり投資が少ないと思ったら追加投資することも可能です

これは「マメタス」にはないメリットです。

解約は「マメタス」「トラノコ」どちらも簡単に行うことができます。

 

運用方法の違い

マメタストラノコ
投資内容リスク許容度別に個別設定3種類のみ
投資先海外ETF国内ETF
海外ETF
為替ヘッジ×

マメタス(ウェルスナビ)では、自分の預かり資産額、リスク許容度別で自分だけの投資内容を組んでくれます

対して「トラノコ」では小トラ、中トラ、大トラと3種類の投資内容で、

例えば小トラを選んだ方はすべて同じ内容の投資内容となります

 

運用開始からの流れ、違い

 マメタストラノコ
運用開始日引き落とし日の5営業日後(正午頃)
/ 現金残高2万円(目安)以上必要
毎月14日前後
おつり確定日引き落とし日の10営業日前毎月27日前後
引き落とし日毎月26日
(休日の場合翌営業日)
毎月6日
(休日の場合翌営業日)

 

何歳から?年齢、対象制限の違い

マメタストラノコ
対象年齢20歳以上15歳以上
法人××

マメタス(ウェルスナビ)では未成年の口座開設はできません

対して「トラノコ」なら15歳以上で投資可能なため、未成年でも投資家デビューすることができます

 

キャンペーンの違い

マメタス(ウェルスナビ)のキャンペーン

2018年3月9日まで抽選で1,000円キャッシュバックキャンペーンを行っています。

※終了しました。

トラノコのキャンペーン

2018年6月現在、トラノコではキャンペーンを行っていません

 

しらずに、たまる「しらたま」でおつり貯金

住信SBIネット銀行から、おつりを投資するのではなく貯金するしらたま」もリリースされています。

「マメタス」「トラノコ」同様3種類のおつり端数から貯金できます。

自分の毎月のおつりがどのくらいになるか知りたい方は先に「しらたま」を利用してみるのもいいですね。

しらたま」も手数料含め完全無料なのでノーリスクで自分の毎月のおつりを知ることができます。

スポンサーリンク