【国内取引所】DMM Bitcoin取引所の特徴、メリット・デメリット

スポンサーリンク

DMM Bitcoinは2016年11月7日に設立された国内仮想通貨取引所です。

最大の特徴はアルトコインにレバレッジがかけられる点です、特徴、メリット・デメリットをひとつずつお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

特徴

会社概要

会社名株式会社 DMM Bitcoin
登録番号関東財務局長 第00010号(仮想通貨交換業者)
事業内容仮想通貨交換業及び金融付帯業(差金決済取引)
本社所在地〒103-6010
東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー10階
設立日2016年11月7日
資本金12億9000万円
役員一覧代表取締役 田口 仁
取締役 木下 剛
取締役 日暮 正樹
監査役 小澤 公一

 

取引できる種類が豊富、レバレッジ取引も可能

取り扱っている仮想通貨の種類は、ビットコインを含め計7種類あり、以下のコインとレバレッジ取引が可能です。

ビットコイン(BTc)
イーサリアム(ETH)
ネム(NEM/XEM)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
イーサリアムクラシック(ETC)
ビットコインキャッシュ(BCH)

レバレッジは最大5倍なので、リスクを理解したうえで取引しましょう。

スマホアプリ対応

見やすいとの評判もあり、AndroidとiPhoneの両方に対応しています。

iTunes:DMM Bitcoin

GooglePlay:DMM Bitcoin

メリット

手数料無料

DMM Bitcoin

入金手数料:無料
出金手数料:無料
現物手数料:無料
取引手数料:無料

と、ほぼすべて無料です。

レバレッジ手数料はかかってきますが「建玉金額の0.04%/日」と良心的な値段設定です。

100万円を翌日まで持ち越したら、400円の手数料ですね。

24時間365日サポート

 

問い合わせフォームとLINEからの問い合わせが24時間、365日いつでもできます。

LINE ID:@dmmbitcoin

お客様サポートはこちら

 

デメリット

現物取引できるコインの種類が少ない

 

DMM Bitcoinでは、現物取引できる仮想通貨はビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)のみです。

海外の取引所と比べてしまうと、国内の取引所は比較的少ないといえます。

レバレッジが5倍まで

DMM Bitcoinではレバレッジは最大5倍までとなっています。

「GMOコイン」が最大25倍までレバレッジをかけられるため「DMM Bitcoin」は比較的低いといえます。

ですが、5倍という比較的低い数値だからこそ初心者でも参入ハードルは低くなり、安心して取引できるといえます。

リスクをとって取引したい人は「GMOコイン」の利用をオススメします。

ロスカット率が高い

証拠金維持率が80%以下になった場合、ロスカットが発生します。

FXのロスカット率が50%以下が多い中、比較的はやくロスカットされるのでリスクをとって取引したい投資家にとってはデメリットといえます。

スプレッドが高い

スプレッドとは「購入提示価格」と「売却提示価格」の差額のことであり、差額をユーザーが手数料として負担します。

スプレッドは常に相場の状況によって変動しているので注意が必要です。

 

評判

 

現時点ではあまりよい評判は聞きませんが、大手の取引所なのでユーザーの声を反映していただいて使いやすくなったらいいですね。

 

最後に

メリット
・取引できる種類が豊富、レバレッジ取引も可能
・様々な手数料無料
・24時間365日サポート

デメリット
・現物取引できるコインの種類が少ない
・レバレッジが5倍まで
・ロスカット率が高い
・スプレッドが高い

口座開設開始されたばかりの取引所ですので、今後に期待したいです。

スポンサーリンク