Binanceの特徴・メリット・デメリット

スポンサーリンク

取引所のひとつであるBinance(バイナンス)。

今回は中国の取引所のBinanceについて説明していきます。

預けておくだけでお得なサービスもあるので、是非知っておいてほしい取引所です。

スポンサーリンク

Binanceの特徴

中国に拠点を持つ仮想通貨取引所の「Binance」。

2017年7月に開設された取引所ですが、取引量が世界最大となり1位になりました。

中国の取引所ですが、東京にもオフィスを構えています。

拾い物ですが、今後日本円で仮想通貨を売買できる可能性もあります。

 

これから先「Binance」が日本円での取引を開始したとしたら、

・100種類以上のアルトコインが日本円で取引できるようになる
・手数料が激安
・UIがとても使いやすい、日本語対応

といった点から国内取引所と比較しても使わない理由がないぐらいの取引所となります。

今後の動きに注目したいですね。

2018年1月追記:

Binance本社が香港から日本に移転したようです。

Twitter / ?

 

 

Binanceのメリット

取扱コインの種類が豊富

2018年1月現在、100種類以上のアルトコインを取り扱っています。

国内の仮想通貨取引所は多いところでも15種類ほどなので、「Binance」の扱っているコインの豊富さがわかると思います。

取り扱っているコインの種類が多いとなぜメリットかというと、

・他で取り扱ってないコインもあるので、投資の幅が広がる
・将来性のあるコインをいち早く購入することができる

と、将来10倍~1000倍になるコインも見つけられるかもしれません。

2017年でいえばVerge(XVG)が年間12500倍になりました。

1万円分購入していただけでも1億2500万円です。

手数料が安い

「Binance」は手数料が通常0.1%であり、Binance coin(BNB)を使用すると手数料0.05%まで引き下げられます。

他の取引所ではアルトコイン毎に手数料が違ってたりしますが、「Binance」は一律0.1%です。

日本の取引所と比べても圧倒的に安い数字ですし、海外の取引所でも

「Binance」0.1~0.05%
「Kucoin」0.1~0.07%
「poloniex」0.15~0.25%
「Bittrex」0.25%

となっているので「Binance」の手数料の安さが伝わると思います。

日本語対応していて使いやすい

すべてのページが日本語というわけではありませんが、取引画面も日本語化されているのでとても使いやすくなっています。

スマホから見られる場合、スマートフォンはまだ日本語対応していません(2018年1月現在)。

本人確認をしなくても取引可能

本人確認なしだと1日2BTC(ビットコイン)までしか出金できません。

本人確認を済ませると、100BTC(約4億円)まで出金することができます。

国内だと「Zaif」が手数料が安いですが、人気のため本人確認の書類が届くまで1ヶ月とかざらにかかります。

「Binance」だとすぐに取引ができるので、他の取引所の開設を待っている間に登録しておくと便利です。

ビットコイン分裂時にフォークコインが貰える

「Binance」にビットコインを持っていたら、ビットコインからフォーク(分裂)したコインを無料で配ってもらえます。

過去に無料で配られたビットコインキャッシュですが2018年1月現在、1枚30万円の値段をつけています。

今後もビットコインはフォーク(分裂)しますし、「Binance」の公式アカウントでも今後すべてのフォークコインを付与すると発表しています。

デメリット

中国の規制の可能性

2017年9月4日に中国、韓国で仮想通貨に規制がかかりましたが、「Binance」も中国の取引所なので今後中国の規制に巻き込まれる可能性もあります。

海外の取引所すべてにいえることですが、基本安心して使えるようなものではありません。

資金をすべておいておくということは、絶対にやめましょう。

日本円で入金、出金ができない

国内の取引所だと、日本円を入金して直接仮想通貨を購入することができます。

「Binance」をはじめ海外の取引所だと、日本円で直接購入することができません。

1.国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入
2.国内取引所から「Binance」に入金(送金)
3.「Binance」で他のコインを購入

という流れになります。

出金の際も同様に、国内取引所を経由して日本円を出金する必要があります。

慣れるまではちょっと面倒な作業です。

日本語のサポートがない

公式ページでも一部日本語対応していますが、トラブルなどで問い合わせをするときには英語か中国語が必須となります。

日本語しか使えない場合、自分で調べて解決するかGoogle翻訳を使う必要があるので不安ですね。

今後、サポートされる可能性もありますが「何かあったとき心配」という人には不便です。

出金に時間がかかる

国内取引所でもありえることですが、出金に時間がかかります。

送金の手数料が安く設定されているため、長いと3~5時間ほどかかってしまうこともあります。

出金の手数料はコインによって違ってきます。

詳しくはBinance公式の「Fee Structure on Binance(Binanceの料金体系)」「Binanceコイン別手数料」をご確認ください。

セキュリティについて

素人から玄人の投資家まで人気の「Binance」ですが、セキュリティに関しては公式でアナウンスされる情報を鵜呑みにするしかありません。

盗難されてしまっても戻ってくる可能性は低いですし、取引所自体がなくなってしまうリスクはありますが、それは他の取引所にも言えることです。

他の取引所と比較しても「Binance」のセキュリティレベルは高いです。

本人確認の書類にも、

・パスポートの表面
・パスポートの個人情報ページ
パスポートを持った状態での自分の正面写真

が必要になってきます。

創設者であるChangPeng Zhao氏の過去のインタビューでこのように話しています。

Q.
私たちが取引所を利用する際に一番怖い点は、取引所がハッキング被害に遭うということで、これは取引所も一番警戒すべき点であると思います。
また、一度に取引が集中してしまった場合、取引所がシャットダウンしてしまうこともあります。
このような場合、対処はどのように行っているのでしょうか?
A.
セキュリティーに関していえば、一日中話すことができます。
まず物理的セキュリティ、ネットワークセキュリティ、そしてビジネスセキュリティ(ビジネスパーソネル)などの形成があります。
我々はセキュリティを保証するために、非常に深い部分まで調査をします、なぜなら安全面は最優先だからです。
この世界で働き始めて20年が達ち、従来の金融界の経験も豊富なので、この面に関しては自信があります。
さらに言えば、安全面を確実に保証するために、ビジネスが遅延するほど時間を掛けているほどです。
取引量に関して話すと、システムエンジニアの方が対応しています。
Binanceは世界最大の取引プラットフォームになることが目標で、今日の取引量を千倍に増やします。
したがって元々一度に多量の取引ができるようにシステムの設計がされています。
例を出すと、現在我々のシステムは毎秒5GBのデータを放出しています。
DDoSのサイバー攻撃は通常、5~10、大きければ100~600GBの規模ですが、我々のシステムは毎秒5GBのデータを放出しているため、全く問題なく利用できるでしょう。

最後に

まとめ

・取扱コインの数が豊富
・手数料が安い
・日本語対応
・本人確認がなくても取引可能
・フォークコインがもらえる

・中国規制の可能性
・日本円で直接入出金できない
・日本語サポート非対応
・出金に時間がかかる

1000倍になるコインをいち早く見つけるためにもBinanceの開設をオススメします。

スポンサーリンク