【必勝法は?】初心者向けFXトラリピ|自動運用で利益を出す|メリット・デメリット

トラリピFX

スポンサーリンク

「FXって専門用語が多いし、手が出しにくい」

「FX=ハイリスク、ギャンブルのイメージ」

「相場(チャート)に張り付いてなきゃいけないし・・・」

FXにそんなイメージを持っていませんか?

トラリピならFXを自動運用してくれるため、投資初心者でも始めやすく、

「FXはしていないけど、トラリピは運用している」というユーザーも多いです。

 

FXは狼狽売りなどにより、ほとんどの人が損失を出していると言われていますが、

トラリピでは機械的に運用してくれるため安定して勝つことができます。

結論として、必勝法はありませんが、勝ち続けるか、投資額を増やすと利益は出しやすく(勝ちやすく)なります。

 

今回、トラリピの仕組みからメリット・デメリットまで、解説します。

専門用語もわかりやすいよう、説明を入れていきます。

 

今すぐトラリピを始める場合、以下のリンクからどうぞ。

マネースクエア

スポンサーリンク

トラリピとは

トラリピとは、株式会社マネースクエアが運営しているツールです。

相場が「どこまで上がるか」「どこまで下がるか」の範囲を予想、設定しておくことで

24時間自動で売買、利益を出してくれるサービス。

相場の範囲を広くしておけば、注文数も多く設定でき、利益のチャンスを増やすことができます。

 

トラリピは自動運用をしてくれるため、

仕事に専念したり、ゆっくり家事をして、寝たいときに眠ったり、

忙しいあなたの暮らしの邪魔をしない資産運用を実現するサービスです。

 

トラリピの仕組みを3段階にわけて説明

トラリピは自動売買してくれるサービス、

その注文方法を3段階にわけて解説していきます。

イフダン注文(IFD)

イフダン注文とは、

「○円で買えたら」その後「○円で売って」ほしい、

という「新規注文」と「決済」がセットになった注文方法です。

 

このイフダン注文は、どこのFX会社でも利用できるシステムです。

 

リピートイフダン注文(RIFD)

リピートとは「繰り返し」という意味です。

 

さきほどの「イフダン注文(新規注文・決済注文)」を「自動的に繰り返す(リピート)」注文方法を、

「リピートイフダン注文(RIFD)」といいます。

 

他社のFX会社だと、手動で運用する必要があり、チャートに張り付いてないといけないため、

時間も取られ、生活に支障が出る可能性があります。

トラリピなら一度設定するだけで自動で運用してくれるため、

忙しいあなたのための資産運用としてオススメです。

 

ここまでで気をつけなければいけないポイントが、

「新規注文」が成立した後「新規決済」の注文が成立しない場合、

再び「新規注文」の値段になっても「新規注文」が成立しません。

 

そこで、トラリピの「トラップ機能」の出番です。

 

トラップリピートイフダン注文

FXの相場(チャート)では、常に一定の値幅で動いているわけではありません。

一定の値幅で動く相場のことを「レンジ相場」といいます。

 

トラリピでは、相場全体にトラップ(罠)をしかけます。

例として、相場が100円~105円の間を動いている場合、

・100円で新規注文、101円で決済注文

・101円で新規注文、102円で決済注文

・102円で新規注文、103円で決済注文

これを105円まで「リピートイフダン注文」で繰り返し注文します。

 

1円未満の間隔で注文することもできるため、

罠をしかけておくことで、リピートイフダン注文の「決済できない」欠点をサポートします。

 

このトラップリピートイフダン注文は、特許も取っているため、

上記のFX自動運用システムは、トラリピだけのサービスとなっています。

 

マネースクエア

トラリピのメリット

トラリピのメリットは、大きくわけて3つあります。

 

24時間自動売買、利益を出してくれる

トラリピは一度設定しておくだけで、自動で売買してくれます。

そのため、あなたが仕事していたり、家事をしていたり、眠っていたりしても利益を出してくれます。

投資する時間が取れない人にオススメです。

 

相場の予想も、気にする必要もない

トラリピでは、相場が下がっても注文が成立するため、

FX相場が上がるか、下がるかをあなたが予想する必要はありません。

 

また、株、FX、仮想通貨など買うタイミング、売るタイミングを気にして、つい相場を見てしまうものです。

何度も相場を見ながら売買を繰り返していると、生活する時間も余裕もなくなってしまいます。

トラリピなら自動で売買してくれるため、あなたの生活の邪魔になることはありません。

 

トラリピで罠を仕掛けて、あなたの今の生活そのままでお金を増やしていきましょう。

 

運用試算表が使える

トラリピで口座開設すると「トラリピ運用試算表」という専用ツールが利用できます。

これは、初心者でも簡単にトラリピのリスク計算や、レートを計算することができるもの。

基本的な使い方も公式がサポートしてくれるため安心して利用できます。

 

「トラリピ運用試算表」の他にも、トラリピではあなたのFX資産運用をサポートするツールを無料公開しています。

 

もちろん、口座開設費、維持費も無料です。

マネースクエアから口座をつくることでトラリピを利用できるようになります。

マネースクエア

トラリピのデメリット

 

最低資金が高くなりがち

FXは基本的に小額から始めることができます。

ですが、トラリピの場合、○円~○円まで新規注文を複数仕掛けます。

そのため、数万円では罠を仕掛ける数も少なくなり、トラリピの良さを活かせません。

 

トラリピを始める場合、最低でも30万円は必要になります。

逆に資金が多いほど罠を仕掛ける数も増えるため、勝率も安定し、

勝ち続ければそれだけ利益も出しやすくなります。

 

手数料が高い

FXは基本的に取引手数料は無料、または0.3銭ほど。

トラリピでは、片道1銭ほど取られてしまいます。

 

ですが、頻繁に取引手数料無料キャンペーンも実施しているため、

参入障壁はそれほど高くは感じません。

※個人の感想です

 

トラリピを運用している人も罠を仕掛け直すチャンスでもあります。

手数料無料キャンペーンは2018年9月29日まで行っています。

 

まとめ

本来FXは短期間で大金を稼ぐこともできますが、リスクも高くなってしまいます。

 

ですが、トラリピならリスクを抑えて自動で運用してくれます。

そして長期運用で利益を積み上げていくため、投資の時間が取れない、投資初心者にオススメ。

 

口座開設費、維持費は無料です。

マネースクエアから口座をつくることでトラリピを利用できるようになります。

マネースクエア

最後に

 

設定がよくわからない、今すぐ資産運用したい、という人は

ロボアドバイザーのウェルスナビがオススメです。

私もトラリピの存在を知るまではウェルスナビのみの運用をしていました。

ウェルスナビも相場を気にすることなく自動運用してくれるため、投資初心者向けのサービスです。

スポンサーリンク